新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較アクアとリーフの比較 詳細情報

クルマ比較:アクア vs リーフ

トヨタアクア

選び直す

トヨタ アクア

新車価格
258.2万円(税込)
中古車価格
10万円~263.9万円
燃費
33.8~38.0km/L

日産リーフ

選び直す

日産 リーフ

新車価格
332.6万円~499.8万円(税込)
中古車価格
19.9万円~407.3万円
燃費
--km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
74~74
最小回転半径
4.8
JC08モード燃費
33.8~38.0 /燃費を見る
排気量(cc)
1496~1496
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4060×1715×1500 /
発売時期
2011年12月
  • トヨタ アクア
  • トヨタ アクア
  • トヨタ アクア
  • 日産 リーフ
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
109~218
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
0~0
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4480×1790×1560 /
発売時期
2010年12月
  • 日産 リーフ
  • 日産 リーフ

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ ▲2017年に登場したトヨタ 86GRを公道で試す機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするGRMNより[全文](2020.07.11)

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる ▲トヨタ ヤリスのガソリンおよびハイブリッドモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレ[全文](2020.05.30)

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル ▲昨年の12月に発売された高級ミニバンのグランエースに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子を[全文](2020.04.12)

この車種の関連ニュース

【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし

【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.24)

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手 ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.30)

【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト

【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.28)

解説

「S スタイルブラック」にパノラミックビューモニターを追加S グレードをベースに、ブラックを基調とした内装と「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー」などを装備した特別仕様車 「S スタイルブラック」に、駐車時に目視しにくい周囲の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターを標準装着して発売された。(2020.6)

解説

プロパイロット、プロパイロットパーキングがさらに進化運転支援技術がさらに進化を遂げた。「プロパイロット」は、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作ができるようになった。「プロパイロットパーキング」は、駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間が短縮され、さらに据え切りを減らすなど制御が最適化された。同時にナビなどのサービスも向上。(2020. 2)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014