新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較アテンザワゴンとアテンザの比較 詳細情報

クルマ比較:アテンザワゴン vs アテンザ

マツダアテンザワゴン

選び直す

マツダ アテンザワゴン

新車価格
283万円~419万円(税込)
中古車価格
29.8万円~376.6万円
燃費
14.8~22.2km/L

マツダアテンザ

選び直す

マツダ アテンザ

新車価格
283万円~419万円(税込)
中古車価格
9万円~389.8万円
燃費
22.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ステーションワゴン
最高出力(馬力)
155~190
最小回転半径
5.5
JC08モード燃費
14.8~22.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4805×1840×1480
発売時期
2012年11月
  • マツダ アテンザワゴン
  • マツダ アテンザワゴン
  • マツダ アテンザワゴン
  • マツダ アテンザ
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
144~272
最小回転半径
5.4
JC08モード燃費
22.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4865×1840×1450
発売時期
2002年05月
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年12月に発売となったマツダ MAZDA3ファストバックのスカイアクティブX搭載モデル。自動車テクノロジー[全文](2020.01.06)

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年10月に発売となったマツダ CX-30。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏によるインプレッションを[全文](2019.12.06)

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった ▲今回試乗したのは、2019年9月に登場したMAZDA2。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするデ[全文](2019.11.18)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年12月に発売となったマツダ MAZDA3ファストバックのスカイアクティブX搭載モデル。自動車テクノロジー[全文](2020.01.06)

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年10月に発売となったマツダ CX-30。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏によるインプレッションを[全文](2019.12.06)

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった ▲今回試乗したのは、2019年9月に登場したMAZDA2。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするデ[全文](2019.11.18)

解説

内外装のデザイン変更、安全運転支援システムも性能向上フロントのグリルデザイン変更や、シートベンチレーションがマツダ車では初採用されるなど、内外装のデザイン変更を含むマイナーチェンジを実施。また、停車状態からでも追従走行が可能とされる「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」の採用など、安全性能の向上も図られている。(2018.6)

解説

内外装のデザイン変更、安全運転支援システムも性能向上フロントのグリルデザイン変更や、シートベンチレーションがマツダ車では初採用されるなど、内外装のデザイン変更を含むマイナーチェンジを実施。また、停車状態からでも追従走行が可能とされる「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」の採用など、安全性能の向上も図られている。(2018.6)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014