新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較アテンザとクラウンアスリートの比較 詳細情報

クルマ比較:アテンザ vs クラウンアスリート

マツダアテンザ

選び直す

マツダ アテンザ

新車価格
283万円~419万円(税込)
中古車価格
9.8万円~350万円
燃費
22.4km/L

トヨタクラウンアスリート

選び直す

トヨタ クラウンアスリート

新車価格
396.4万円~618.3万円(税込)
中古車価格
9.8万円~469万円
燃費
23.2km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
144~272
最小回転半径
5.4
JC08モード燃費
22.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4865×1840×1450
発売時期
2002年05月
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • トヨタ クラウンアスリート
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
178~360
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
23.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1998~3456
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4895×1800×1450 /
発売時期
1999年09月
  • トヨタ クラウンアスリート
  • トヨタ クラウンアスリート

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力

【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力 ▲正直なところあまりオフロードのイメージがないマツダのSUV。しかし、実際に試乗してみるとその高い走破性に驚いた。自動車テク[全文](2020.02.28)

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年12月に発売となったマツダ MAZDA3ファストバックのスカイアクティブX搭載モデル。自動車テクノロジー[全文](2020.01.06)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる ▲トヨタ ヤリスのガソリンおよびハイブリッドモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレ[全文](2020.05.30)

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル ▲昨年の12月に発売された高級ミニバンのグランエースに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子を[全文](2020.04.12)

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV ▲コンパクトSUVのダイハツ ロッキーとOEMのトヨタ ライズに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した専用のプラットフ[全文](2019.12.17)

解説

内外装のデザイン変更、安全運転支援システムも性能向上フロントのグリルデザイン変更や、シートベンチレーションがマツダ車では初採用されるなど、内外装のデザイン変更を含むマイナーチェンジを実施。また、停車状態からでも追従走行が可能とされる「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」の採用など、安全性能の向上も図られている。(2018.6)

解説

トヨタセーフティセンスPを標準装備衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスPが標準装備された。これは、歩行者検知機能が付いた衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステムで、レーダークルーズコントロールなど4つの先進安全機能を組み合わせたもの。安全装備が充実している(2016.8)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014