新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較アテンザとスカイラインの比較 詳細情報

クルマ比較:アテンザ vs スカイライン

マツダアテンザ

選び直す

マツダ アテンザ

新車価格
283万円~419万円(税込)
中古車価格
16万円~368.8万円
燃費
22.4km/L

日産スカイライン

選び直す

日産 スカイライン

新車価格
435.4万円~644.5万円(税込)
中古車価格
4万円~1400万円
燃費
18.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
144~272
最小回転半径
5.4
JC08モード燃費
22.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4865×1840×1450
発売時期
2002年05月
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • 日産 スカイライン
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
91~405
最小回転半径
5.1
JC08モード燃費
18.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1809~3696
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4810×1820×1440 /
発売時期
1989年05月
  • 日産 スカイライン
  • 日産 スカイライン

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと ▲国は違えど同じような道をもつ国同士の車に試乗した。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする同じよう[全文](2020.08.11)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る ▲海外ではすでに販売されていた日産 キックス。2020年6月に日本にも導入された。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による[全文](2020.09.10)

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台 ▲フルモデルチェンジを経て、車名が「デイズルークス」から「ルークス」に戻った新型 日産 ルークス。一般道を中心に試乗した感[全文](2020.08.17)

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手 ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.30)

解説

内外装のデザイン変更、安全運転支援システムも性能向上フロントのグリルデザイン変更や、シートベンチレーションがマツダ車では初採用されるなど、内外装のデザイン変更を含むマイナーチェンジを実施。また、停車状態からでも追従走行が可能とされる「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」の採用など、安全性能の向上も図られている。(2018.6)

解説

「日産 スカイライン」に関する解説は、今のところありません。

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014