新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較ウーノとルーテシアの比較 詳細情報

クルマ比較:ウーノ vs ルーテシア

フィアットウーノ

選び直す

フィアット ウーノ

新車価格
248万円(税込)
中古車価格
0円~0円
燃費
--km/L

ルノールーテシア

選び直す

ルノー ルーテシア

新車価格
202.7万円~340.2万円(税込)
中古車価格
13万円~299.9万円
燃費
17.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
45~115
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
999~1498
乗車定員
5
全長×全幅×全高
3690×1560×1410 /
発売時期
1990年02月
  • フィアット ウーノ
  • フィアット ウーノ
  • フィアット ウーノ
  • ルノー ルーテシア
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
75~220
最小回転半径
5.1
JC08モード燃費
17.4 /燃費を見る
排気量(cc)
897~3000
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4095×1750×1445 /
発売時期
1994年08月
  • ルノー ルーテシア
  • ルノー ルーテシア

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ

【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ ▲市街地をキビキビと走る500X。日本では2015年10月に登場し、このたびマイナーチェンジを行った。今回は自動車テクノロジーライ[全文](2019.06.18)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り

【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り ▲2019年8月に「ルノー トゥインゴ(3代目)」がマイナーチェンジ。今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した際の[全文](2019.11.08)

解説

多彩なラインナップを誇るコンパクトハッチ1982(S57)年にショーデビューを飾り、1983(S58)年初頭から販売された1980年代のベストセラーコンパクトハッチバック。エクステリアデザインはジウジアーロ率いるイタルデザインだ。3ドアおよび5ドアが用意され、日本にも数多くのバリエーションが輸入された。最もベーシックな1Lの45ファイアにはじまり、1.1Lの60S、1.1Lのちに1.4Lのセレクタ(CVTモデル)、1.3Lのちに1.4Lのターボi.e.、上級バージョンの1.3Lの70SLや1.5Lの75SXまで、そのラインナップは豊富だ。アバルト仕様にカスタマイズされたアバルト1300ターボは、シャーシ性能を上回るエンジンパワーで、正真正銘のじゃじゃ馬ホットハッチであった。1990(H2)年にフロントグリルを中心としたマイナーチェンジを受けている。(1990.2)

解説

消費税の変更により価格を修正2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014