新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較ガリューコンバーチブルとフェアレディZの比較 詳細情報

クルマ比較:ガリューコンバーチブル vs フェアレディZ

光岡自動車ガリューコンバーチブル

選び直す

光岡自動車 ガリューコンバーチブル

新車価格
672万円~777万円(税込)
中古車価格
0円~0円
燃費
--km/L

日産フェアレディZ

選び直す

日産 フェアレディZ

新車価格
398万円~652万円(税込)
中古車価格
17.7万円~1650万円
燃費
9.2km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
オープン
最高出力(馬力)
213~304
最小回転半径
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
4009~4606
乗車定員
4
全長×全幅×全高
4830×1870×1400
発売時期
2007年04月
  • 光岡自動車 ガリューコンバーチブル
  • 光岡自動車 ガリューコンバーチブル
  • 光岡自動車 ガリューコンバーチブル
  • 日産 フェアレディZ
ボディタイプ
クーペ
最高出力(馬力)
170~355
最小回転半径
4.9
JC08モード燃費
9.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1998~3798
乗車定員
2
全長×全幅×全高
4260×1845×1315 /
発売時期
1983年09月
  • 日産 フェアレディZ
  • 日産 フェアレディZ

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

「光岡自動車 ガリューコンバーチブル」に関するニュースは、今のところありません。

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された ▲2019年6月に登場した日産 GT-Rの2020年モデル。毎年進化を続けているGT-Rだが、今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏[全文](2019.10.09)

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス ▲セレナ、エクストレイル、リーフで好評の「プロパイロット」を軽自動車で初搭載したデイズ。プラットフォームやパワートレーン[全文](2019.09.20)

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群! ▲日産 新型スカイラインに試乗。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏がレポートするスカイラインらしさが蘇ったが目玉は「プ[全文](2019.09.19)

解説

クラシックなデザインの4シーターオープンフォードマスタングコンバーチブルをベースに、ミツオカらしいレトロで高級感あるスタイルに仕上げられた4シーターオープン。マスタングより若干大きくなったボディは、サイドラインなどでベースの形状を活かしつつ、丸型ライトや大型グリルなどフロントリア回りでミツオカらしさを演出。V6の4LとV8の4.6Lが用意されるエンジンなどの機関系、電動開閉式ソフトトップなどはベースと同様となる。日産フーガをベースとしたセダンのガリューとは、外観デザインのコンセプトが統一される。なお、ミツオカの他モデル同様に職人によるハンドメイドによって作られるため、完全受注生産で納期は3ヵ月ほどかかる。(2007.4)

解説

消費税の変更により価格を修正2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014