新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較シエンタとタンクの比較 詳細情報

クルマ比較:シエンタ vs タンク

トヨタシエンタ

選び直す

トヨタ シエンタ

新車価格
250万円(税込)
中古車価格
3.7万円~275万円
燃費
13.2~27.2km/L

トヨタタンク

選び直す

トヨタ タンク

新車価格
146.3万円~200.9万円(税込)
中古車価格
109万円~246.7万円
燃費
21.8~24.6km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ミニバン
最高出力(馬力)
74~110
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
13.2~27.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1496~1496
乗車定員
4/5/6/7
全長×全幅×全高
4235×1695×1675 /
発売時期
2003年09月
  • トヨタ シエンタ
  • トヨタ シエンタ
  • トヨタ シエンタ
  • トヨタ タンク
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
69~98
最小回転半径
4.6
JC08モード燃費
21.8~24.6 /燃費を見る
排気量(cc)
996~996
乗車定員
5
全長×全幅×全高
3715×1670×1735 /
発売時期
2016年11月
  • トヨタ タンク
  • トヨタ タンク

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!

トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた! ▲トヨタが「ハイラックス」を13年ぶりに日本市場へ導入。9月12日から発売を開始したピックアップトラックが国内市場に復活!ト[全文](2017.11.10)

攻めるトヨタの新ブランド 「GR」。86からヴォクシーまで5モデルを一挙乗り

攻めるトヨタの新ブランド 「GR」。86からヴォクシーまで5モデルを一挙乗り ▲試乗会が実施された袖ヶ浦フォレストレースウェイに、GRブランドのラインナップモデルがずらりと並んだ。スポーツクーペはも[全文](2017.10.29)

トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル

トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル ▲GRブランドのヴィッツでは、最もスタンダードなモデルとなるGR SPORT。ベース車の気になる点をチューニングで改善したことで[全文](2017.10.27)

この車種の関連ニュース

トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!

トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた! ▲トヨタが「ハイラックス」を13年ぶりに日本市場へ導入。9月12日から発売を開始したピックアップトラックが国内市場に復活!ト[全文](2017.11.10)

攻めるトヨタの新ブランド 「GR」。86からヴォクシーまで5モデルを一挙乗り

攻めるトヨタの新ブランド 「GR」。86からヴォクシーまで5モデルを一挙乗り ▲試乗会が実施された袖ヶ浦フォレストレースウェイに、GRブランドのラインナップモデルがずらりと並んだ。スポーツクーペはも[全文](2017.10.29)

トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル

トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル ▲GRブランドのヴィッツでは、最もスタンダードなモデルとなるGR SPORT。ベース車の気になる点をチューニングで改善したことで[全文](2017.10.27)

解説

7人乗り仕様も用意されるトヨタ最小ミニバントヨタ最小のミニバンの2代目。ユーザーの様々なライフスタイルをサポートする「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」をテーマに開発されている。エクステリアはアクティブ&ファンをキーワードに、ハコ型というミニバンの概念を打ち破るスポーティなデザインとなっている。インテリアは底床フロアの採用をはじめ、機能性の高さと内装の上質さを両立。コンパクトなボディサイズながら7人乗り仕様もラインナップされている。エンジンは最高出力109ps(4WD車は103ps)を発生する1.5Lガソリンモデルと、同74ps(エンジン)+45ps(モーター)を発生するハイブリッド仕様を設定。JC08モードは前者が20.6km/L(X VパッケージのFFモデル)、後者は27.2km/Lを達成している。ガソリン車はエコカー減税の対象、ハイブリッド車は免税対象となっている(2015.7)

解説

広々とした空間と、余裕の走りを両立させたトール2ボックス広々とした空間、リビングと余裕の走り、ドライビングをかけ合わせた「1LDカー」をコンセプトとするトール2ボックスカー。ダイハツ トールのOEM車。パワースライドドアや、240mmものスライドを可能とするリアシートをはじめとする多彩なシートアレンジなど、コンパクトなボディながら使いやすいパッケージングとなっている。エンジンは、最高出力98ps/最大トルク140N・mを発生する1Lの直噴ターボと、同69ps/92N・mを発生する1LのNAの2種類。ターボは1.5L並みのトルクを発生。NA車はJC08モード24.6km/Lという優れた燃費性能が特徴。衝突回避支援システムの「スマートアシストII」の採用など、安全性能も充実している(2016.11)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014