新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較センチュリーとアルファードの比較 詳細情報

クルマ比較:センチュリー vs アルファード

トヨタセンチュリー

選び直す

トヨタ センチュリー

新車価格
1996.3万円~1996.3万円(税込)
中古車価格
19.8万円~2222万円
燃費
13.6km/L

トヨタアルファード

選び直す

トヨタ アルファード

新車価格
775.2万円(税込)
中古車価格
9.5万円~1650万円
燃費
19.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
165~381
最小回転半径
5.7
JC08モード燃費
13.6 /燃費を見る
排気量(cc)
3994~4996
乗車定員
5
全長×全幅×全高
5335×1930×1505
発売時期
1989年05月
  • トヨタ センチュリー
  • トヨタ センチュリー
  • トヨタ センチュリー
  • トヨタ アルファード
ボディタイプ
ミニバン
最高出力(馬力)
152~301
最小回転半径
5.6
JC08モード燃費
19.4 /燃費を見る
排気量(cc)
2362~3456
乗車定員
7/8
全長×全幅×全高
4945×1850×1950 /
発売時期
2002年05月
  • トヨタ アルファード
  • トヨタ アルファード

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV ▲コンパクトSUVのダイハツ ロッキーとOEMのトヨタ ライズに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した専用のプラットフ[全文](2019.12.17)

【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台

【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台 ▲千葉県・袖ヶ浦サーキットにて行われた新型ヤリス プロトタイプ試乗会のようすをレポートする「GA-B」プラットフォームのお披露[全文](2019.12.16)

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン ▲2019年9月にカローラフィールダーが担っていたステーションワゴンのポジションを引き継ぎ、新モデルとして登場したトヨタ カロ[全文](2019.11.17)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV

【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV ▲コンパクトSUVのダイハツ ロッキーとOEMのトヨタ ライズに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した専用のプラットフ[全文](2019.12.17)

【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台

【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台 ▲千葉県・袖ヶ浦サーキットにて行われた新型ヤリス プロトタイプ試乗会のようすをレポートする「GA-B」プラットフォームのお披露[全文](2019.12.16)

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン ▲2019年9月にカローラフィールダーが担っていたステーションワゴンのポジションを引き継ぎ、新モデルとして登場したトヨタ カロ[全文](2019.11.17)

解説

消費税の変更により価格を修正2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

解説

ディスプレイオーディオを標準装備スマートフォンとの連携を可能にした、9インチのディスプレイオーディオが標準装備された。車載通信機DCMとあわせ、コネクティッドカーとして、利便性の向上が図られている。また、従来型のSDナビも画面を大型化することで視認性が向上。他かにも電動サイドステップのオプション設定など利便性向上が図られた。(2019.12)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014