新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較フィットとノートの比較 詳細情報

クルマ比較:フィット vs ノート

ホンダフィット

選び直す

ホンダ フィット

新車価格
155.8万円~253.7万円(税込)
中古車価格
1.5万円~266.8万円
燃費
38.6km/L

日産ノート

選び直す

日産 ノート

新車価格
281.3万円(税込)
中古車価格
1万円~272.7万円
燃費
14.4~37.2km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
86~132
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
38.6 /燃費を見る
排気量(cc)
1317~1496
乗車定員
5
全長×全幅×全高
3995×1695×1515 /
発売時期
2001年06月
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • 日産 ノート
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
79~140
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
14.4~37.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1198~1597
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4100×1695×1520 /
発売時期
2005年01月
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ

【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ ▲2020年2月に登場した新型ホンダ フィット。今回はガソリン車モデルとe:HEV(ハイブリッド)モデルの公道試乗の様子を、自動車テ[全文](2020.03.18)

【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台

【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台 ▲昨年追加されたグレード、フリード+ クロスターに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポ[全文](2020.04.29)

【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台

【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台 ▲昨年発売された新型N-WGNに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするいかつい見た目[全文](2020.04.18)

この車種の関連ニュース

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手 ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.30)

【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト

【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.28)

【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト

【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.25)

解説

ユーザーのライフスタイルに合わせた5タイプを設定ホンダの屋台骨を支える、コンパクトハッチバックの4代目。歴代モデルが築き上げた優れた性能や機能をベースに、数値では表せない「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という4つの心地よさを提案。また、ユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせた5タイプを用意。シンプルで自分らしさを表現する「ベーシック」、生活になじむデザインと快適性を備えた「ホーム」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「ネス」、エンジョイライフに応える「クロスター」、洗練と上質を兼ね備えた「リュクス」だ。パワートレインは1.3L 直4+CVTの他、1.5L 直4に2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」が用意された。(2020.2)

解説

消費税の変更により価格を修正2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014