新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較プレセアとプリメーラの比較 詳細情報

クルマ比較:プレセア vs プリメーラ

日産プレセア

選び直す

日産 プレセア

新車価格
142.2万円~203.5万円(税抜)
中古車価格
15.9万円~55万円
燃費
--km/L

日産プリメーラ

選び直す

日産 プリメーラ

新車価格
184.8万円~243万円(税抜)
中古車価格
5万円~76万円
燃費
--km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
94~145
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
1497~1998
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4490×1695×1325
発売時期
1990年06月
  • 日産 プレセア
  • 日産 プレセア
  • 日産 プレセア
  • 日産 プリメーラ
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
110~204
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
1769~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4565×1760×1480 /
発売時期
1990年02月
  • 日産 プリメーラ
  • 日産 プリメーラ

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された ▲2019年6月に登場した日産 GT-Rの2020年モデル。毎年進化を続けているGT-Rだが、今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏[全文](2019.10.09)

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス ▲セレナ、エクストレイル、リーフで好評の「プロパイロット」を軽自動車で初搭載したデイズ。プラットフォームやパワートレーン[全文](2019.09.20)

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群! ▲日産 新型スカイラインに試乗。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏がレポートするスカイラインらしさが蘇ったが目玉は「プ[全文](2019.09.19)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された

【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された ▲2019年6月に登場した日産 GT-Rの2020年モデル。毎年進化を続けているGT-Rだが、今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏[全文](2019.10.09)

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス

【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス ▲セレナ、エクストレイル、リーフで好評の「プロパイロット」を軽自動車で初搭載したデイズ。プラットフォームやパワートレーン[全文](2019.09.20)

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!

【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群! ▲日産 新型スカイラインに試乗。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏がレポートするスカイラインらしさが蘇ったが目玉は「プ[全文](2019.09.19)

解説

内外装の一新と安全装備を充実ヘッドランプやバンパー、フロントグリルのデザインを変更。さらに室内を“インナーグリーン”化。また、運転席SRSエアバッグに加え、新たに助手席SRSエアバッグやブレーキアシストなど、安全装備を充実させた。(1997.8)

解説

内外装の変更とグレードの見直しフロントグリルやバンパーなどのデザインを変えるとともに、インテリアはブラックの内装色を追加したほか木目調クラスターやメッキパーツなどを採用した。またサスペンションセッティングを変更し、乗り心地と安定性の向上も図られている。(2003.7)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014