新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較ヴァンガードとエクストレイルの比較 詳細情報

クルマ比較:ヴァンガード vs エクストレイル

トヨタヴァンガード

選び直す

トヨタ ヴァンガード

新車価格
242万円~336.5万円(税込)
中古車価格
38万円~258万円
燃費
--km/L

日産エクストレイル

選び直す

日産 エクストレイル

新車価格
401万円(税込)
中古車価格
9万円~409万円
燃費
20.8km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
170~280
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
2362~3456
乗車定員
5/7
全長×全幅×全高
4570×1855×1685 /
発売時期
2007年08月
  • トヨタ ヴァンガード
  • トヨタ ヴァンガード
  • トヨタ ヴァンガード
  • 日産 エクストレイル
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
137~280
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
20.8 /燃費を見る
排気量(cc)
1995~2488
乗車定員
5/7
全長×全幅×全高
4690×1820×1740 /
発売時期
2000年10月
  • 日産 エクストレイル
  • 日産 エクストレイル

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる ▲今年6月に追加されたRAV4のPHVモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする※現[全文](2020.10.29)

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 ▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは[全文](2020.08.30)

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ ▲2017年に登場したトヨタ 86GRを公道で試す機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするGRMNより[全文](2020.07.11)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る ▲海外ではすでに販売されていた日産 キックス。2020年6月に日本にも導入された。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による[全文](2020.09.10)

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台 ▲フルモデルチェンジを経て、車名が「デイズルークス」から「ルークス」に戻った新型 日産 ルークス。一般道を中心に試乗した感[全文](2020.08.17)

解説

2.4L FFモデルの燃費を改善と、新パッケージモデルを追加2.4L FFモデルのオルタネーターの制御を改良。燃費性能を改善し、従来型の50%から75%減税となった。また、カラードオーバーフェンダーや18インチアルミホイールなどを装備する240S“Sパッケージ”を追加。他モデルも各部の意匠が手直しされ、力強く洗練されたスタイルとなっている。(2010.2)

解説

先進安全装備を拡充前方の状況を監視し車両や歩行者との衝突回避、衝突による被害軽減を支援する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」にミリ波レーダーが採用され、夜間時の性能向上が図られた。また、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」も新たに標準装備。同時に、静音タイヤの採用と遮音性を高めたことなどにより静粛性も向上した。(2020.1)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014