新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較ヴィッツとノートの比較 詳細情報

クルマ比較:ヴィッツ vs ノート

トヨタヴィッツ

選び直す

トヨタ ヴィッツ

新車価格
400万円(税込)
中古車価格
9000円~320万円
燃費
34.4km/L

日産ノート

選び直す

日産 ノート

新車価格
268.8万円(税込)
中古車価格
1万円~297万円
燃費
14.4~37.2km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
69~212
最小回転半径
4.3
JC08モード燃費
34.4 /燃費を見る
排気量(cc)
996~1797
乗車定員
5
全長×全幅×全高
3945×1695×1500 /
発売時期
1999年01月
  • トヨタ ヴィッツ
  • トヨタ ヴィッツ
  • トヨタ ヴィッツ
  • 日産 ノート
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
79~140
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
14.4~37.2 /燃費を見る
排気量(cc)
1198~1597
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4100×1695×1520 /
発売時期
2005年01月
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」

【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」 ▲今回試乗したのは、2019年5月に発売となった新型のトヨタ スープラ。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の[全文](2019.07.04)

【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV

【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV ▲今回試乗したのは、2019年4月に発表された新型のトヨタ RAV4。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道&ラフロード[全文](2019.05.12)

【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!

【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す! ▲2018年末のマイナーチェンジで追加された、1.5Lガソリンエンジンにモーターを組み合わせたサクシードバンのハイブリッドモデル[全文](2019.05.01)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!

【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗! ▲日産 デイズがフルモデルチェンジした。内外装のクオリティはもはや、今までの軽とは比べものにならないほどアップ。走りも驚く[全文](2019.05.18)

【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化

【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化 ▲今回試乗したのは、2019年1月に発表された新型の日産 リーフe+。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏の公道試乗の模様をレ[全文](2019.04.26)

【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!

【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ! ▲リーフ NISMOは少し強く吹雪けばすぐにホワイトアウトしかける極限のコンディションでの試乗となった舞台を北海道に移しクロー[全文](2019.03.26)

解説

トヨタセーフティセンスの性能を向上衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた、「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」が採用された。また、駐車場などでのアクセルペダルの踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能もオプション設定されている。(2018.5)

解説

e-POWERに4WD仕様を設定e-POWERに走行性能をさらに高めた、モーターアシスト方式の4WD仕様が設定された。全輪モーター駆動により、積雪や凍結路面などでの走りの性能の向上が図られている。ガソリン車への安全デバイスの拡大採用により、サポカーSワイド該当となった。(2018.7)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014