新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較C70とS60の比較 詳細情報

クルマ比較:C70 vs S60

ボルボC70

選び直す

ボルボ C70

新車価格
-
中古車価格
30万円~45万円
燃費
--km/L

ボルボS60

選び直す

ボルボ S60

新車価格
489万円~919万円(税込)
中古車価格
9.8万円~559万円
燃費
20.9km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クーペ
最高出力(馬力)
193~240
最小回転半径
5.9
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
2318~2434
乗車定員
4
全長×全幅×全高
4715×1815×1400
発売時期
1997年05月
  • ボルボ C70
  • ボルボ C70
  • ボルボ C70
  • ボルボ S60
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
140~367
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
20.9 /燃費を見る
排気量(cc)
1497~2953
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4760×1850×1435
発売時期
2001年01月
  • ボルボ S60
  • ボルボ S60

カラーバリエーション

    「ボルボ C70」に関するカラー情報は、今のところありません。

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい

【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい ▲今回は、2019年11月にフルモデルチェンジしたボルボ S60のPHEVモデル『T6 ツインエンジン AWD インスクリプション』に試乗する[全文](2020.02.25)

【試乗】ボルボ  V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した

【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した ▲2019年に生産終了となったボルボ V40シリーズ。昨今のボルボの好調に大きく貢献したモデルだが、最後にロングドライブする機会[全文](2019.12.08)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい

【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい ▲今回は、2019年11月にフルモデルチェンジしたボルボ S60のPHEVモデル『T6 ツインエンジン AWD インスクリプション』に試乗する[全文](2020.02.25)

【試乗】ボルボ  V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した

【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した ▲2019年に生産終了となったボルボ V40シリーズ。昨今のボルボの好調に大きく貢献したモデルだが、最後にロングドライブする機会[全文](2019.12.08)

解説

内外装の質感を向上フロントマスクに、大型アイアンマークを採用するなど、2009年に発表したS60コンセプトに共通するデザインアイコンが採用された。リヤセクションの意匠も一新されている。室内空間においても専用のインストルメントパネルを採用するなど、高級感や、快適性が高められた。(2010.4)

解説

ダイナミックな走りと流麗なスタイリングを両立したミドルセダンダイナミックな走りと流麗なスタイリングを両立させた、ミッドサイズスポーツセダンの3代目。クリーンかつ、シャープなエクステリアや、スカンジナビアンデザインのシンプルで上質なインテリアを採用。全幅を先代比-15mmの1850mmに抑えた、日本市場に配慮されたサイズを実現している。パワートレインは、出力特性の異なる2L直4ガソリンターボ、同ユニットにさらにスーパーチャージャーを加えたユニット、その2L直4ガソリンターボ&スーパーチャージャーにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドが用意される。また、乗員のみならず、車外の人をも守る先進安全運転支援機能「インテリセーフ」が、全グレードに標準装備された。(2019.11)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014