新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較CX-3とインプレッサXVの比較 詳細情報

クルマ比較:CX-3 vs インプレッサXV

マツダCX-3

選び直す

マツダ CX-3

新車価格
212.8万円~309.4万円(税込)
中古車価格
86.8万円~268万円
燃費
16.6~25.0km/L

スバルインプレッサXV

選び直す

スバル インプレッサXV

新車価格
229万円~332.6万円(税込)
中古車価格
26.8万円~275万円
燃費
20.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
105~150
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
16.6~25.0 /燃費を見る
排気量(cc)
1498~1997
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4275×1765×1550
発売時期
2015年02月
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • スバル インプレッサXV
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
110~150
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
20.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1498~1995
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4450×1780×1550 /
発売時期
2010年06月
  • スバル インプレッサXV
  • スバル インプレッサXV

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ

【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年10月に発売となったマツダ CX-30。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏によるインプレッションを[全文](2019.12.06)

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ

【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ ▲今回試乗したのは、2019年12月に発売となったマツダ MAZDA3ファストバックのスカイアクティブX搭載モデル。自動車テクノロジー[全文](2020.01.06)

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった ▲今回試乗したのは、2019年9月に登場したMAZDA2。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするデ[全文](2019.11.18)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル

【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル ▲12月某日に開催されたスバルの試乗会にてマイナーチェンジしたばかりのXVに試乗。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏によ[全文](2020.01.03)

【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ

【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ ▲2019年11月にビッグマイナーチェンジしたスバル インプレッサスポーツ。試乗会に参加した自動車テクノロジーライター・松本英雄[全文](2020.01.02)

【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!

【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り! ▲「SUBARU GT EXPERIENCE」に参加した自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗の模様をレポートする東京~長野を新旧ステ[全文](2019.10.22)

解説

新開発の1.8Lディーゼルエンジンを採用“気品ある美しさと先鋭さ”をテーマに、次世代の車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」の採用や、新開発クリーンディーゼルエンジン、「スカイアクティブD 1.8」の採用など、「乗員の感覚と一体となった走行性能」と優れた「環境・安全性能」の実現が目指された。(2018.5)

解説

内外装を一新し、安全装備も拡充内外装が刷新されている。また、アイサイト(ver.3)や、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)を含む「アドバンスドセイフティパッケージ(アイサイト装着車)」、ヘッドランプのハイ/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシストといった安全装備が採用されている(2015.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014