新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較CX-5とエクストレイルの比較 詳細情報

クルマ比較:CX-5 vs エクストレイル

マツダCX-5

選び直す

マツダ CX-5

新車価格
408.7万円(税込)
中古車価格
45万円~398万円
燃費
14.2~19.0km/L

日産エクストレイル

選び直す

日産 エクストレイル

新車価格
401万円(税込)
中古車価格
7.7万円~454.3万円
燃費
20.8km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
154~230
最小回転半径
5.5
JC08モード燃費
14.2~19.0 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4545×1840×1690
発売時期
2012年02月
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • 日産 エクストレイル
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
137~280
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
20.8 /燃費を見る
排気量(cc)
1995~2488
乗車定員
5/7
全長×全幅×全高
4690×1820×1740 /
発売時期
2000年10月
  • 日産 エクストレイル
  • 日産 エクストレイル

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと ▲国は違えど同じような道をもつ国同士の車に試乗した。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする同じよう[全文](2020.08.11)

この車種の関連ニュース

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手 ▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする[全文](2020.03.30)

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る

【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る ▲海外ではすでに販売されていた日産 キックス。2020年6月に日本にも導入された。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による[全文](2020.09.10)

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台 ▲フルモデルチェンジを経て、車名が「デイズルークス」から「ルークス」に戻った新型 日産 ルークス。一般道を中心に試乗した感[全文](2020.08.17)

解説

AWD車の悪路走行性能を向上AWD車に、悪路でもスムーズな脱出をサポートする「オフロード・トラクション・アシスト」が採用され、走破性の強化が図られた。室内ではセンターディスプレイの大型化などを実施。また、アンダーガーニッシュや、ルーフレールなどが備わるアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」が設定されている。(2019.12)

解説

先進安全装備を拡充前方の状況を監視し車両や歩行者との衝突回避、衝突による被害軽減を支援する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」にミリ波レーダーが採用され、夜間時の性能向上が図られた。また、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」も新たに標準装備。同時に、静音タイヤの採用と遮音性を高めたことなどにより静粛性も向上した。(2020.1)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014