新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較CX-5とハリアーの比較 詳細情報

クルマ比較:CX-5 vs ハリアー

マツダCX-5

選び直す

マツダ CX-5

新車価格
408.7万円(税込)
中古車価格
39.8万円~398万円
燃費
14.2~19.0km/L

トヨタハリアー

選び直す

トヨタ ハリアー

新車価格
299万円~504万円(税込)
中古車価格
18万円~569万円
燃費
27.4km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
154~230
最小回転半径
5.5
JC08モード燃費
14.2~19.0 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4545×1840×1690
発売時期
2012年02月
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • トヨタ ハリアー
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
140~280
最小回転半径
5.3
JC08モード燃費
27.4 /燃費を見る
排気量(cc)
1986~3456
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4740×1855×1660
発売時期
1997年12月
  • トヨタ ハリアー
  • トヨタ ハリアー

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと

【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと ▲国は違えど同じような道をもつ国同士の車に試乗した。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする同じよう[全文](2020.08.11)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 ▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは[全文](2020.08.30)

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ ▲2017年に登場したトヨタ 86GRを公道で試す機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするGRMNより[全文](2020.07.11)

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる ▲トヨタ ヤリスのガソリンおよびハイブリッドモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレ[全文](2020.05.30)

解説

AWD車の悪路走行性能を向上AWD車に、悪路でもスムーズな脱出をサポートする「オフロード・トラクション・アシスト」が採用され、走破性の強化が図られた。室内ではセンターディスプレイの大型化などを実施。また、アンダーガーニッシュや、ルーフレールなどが備わるアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」が設定されている。(2019.12)

解説

人の心を優雅に満たす新時代のSUV実用性や数値一辺倒ではない人の心を優雅に満たしてくれる、新時代のSUV像を目指して開発されたモデル。エクステリアは、シンプルながらもエレガントさと逞しさとの融合が図られた、流麗なクーペフォルムを実現。調光パノラマルーフが採用され、障子越しのような柔らかな日差しが差し込む車内は、心地よい上質な室内空間が目指されている。ドライバーの目線の動きに着目し、最適化されたサスペンションなどにより、上質な乗り心地も実現された。デジタルインナーミラーをはじめとする、「安全、安心」「快適、便利」な先進装備も与えられる。2L直4ガソリンと2.5L直4にモーターを組み合わせたハイブリッドモデルが用意される。(2020.6)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014