新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較CX-5とプリウスの比較 詳細情報

クルマ比較:CX-5 vs プリウス

マツダCX-5

選び直す

マツダ CX-5

新車価格
352.6万円(税込)
中古車価格
88万円~410万円
燃費
14.6~18.6km/L

トヨタプリウス

選び直す

トヨタ プリウス

新車価格
339.4万円(税込)
中古車価格
5万円~438万円
燃費
40.8km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
クロカン・SUV
最高出力(馬力)
154~190
最小回転半径
5.5
JC08モード燃費
14.6~18.6 /燃費を見る
排気量(cc)
1997~2488
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4545×1840×1690
発売時期
2012年02月
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • トヨタ プリウス
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
58~99
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
40.8 /燃費を見る
排気量(cc)
1496~1797
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4540×1760×1470 /
発売時期
1997年12月
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の予約受注を開始

新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の予約受注を開始 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型3列シートクロスオーバーSUV『マツダ CX-8』の予約受注を全国のマツダ販売店を通じて本[全文](2017.09.14)

往年のライトスポーツカーをほうふつさせる、マツダ ロードスターRF(試乗レポート)

往年のライトスポーツカーをほうふつさせる、マツダ ロードスターRF(試乗レポート) ▲今回の試乗は山間部と高速の入り混じったロングコースで行った。運動性能だけではなく快適性能の向上も体験できるルーフを閉じ[全文](2017.05.31)

この車種の関連ニュース

EV走行だけじゃない! ハイブリッド車としても優秀すぎるプリウスPHV(試乗レポート)

EV走行だけじゃない! ハイブリッド車としても優秀すぎるプリウスPHV(試乗レポート) ▲プリウスPHVの公道での実力を確認! 電気自動車としてもガソリン車としてもすこぶる優秀であったEV走行性能が大幅アップした[全文](2017.06.05)

高い静粛性と快適な乗り心地のトヨタ 新型カムリ(試乗レポート)

高い静粛性と快適な乗り心地のトヨタ 新型カムリ(試乗レポート) ▲15年連続で米国の乗用車販売台数No.1を獲得したトヨタ カムリが、7月10日にフルモデルチェンジした新プラットフォームを採用[全文](2017.08.20)

円熟した高い完成度のセダン トヨタ マークX(試乗レポート)

円熟した高い完成度のセダン トヨタ マークX(試乗レポート) ▲マークXの乗りやすく、飽きのこないプロポーションを好む方も多いはずだ落ち着いた初代から上品なプロポーションの2代目マー[全文](2017.07.22)

解説

「マツダ CX-5」に関する解説は、今のところありません。

解説

走行性能が向上し、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成トヨタのハイブリッドモデルを代表するプリウスの4代目。優れた環境性能がさらに磨かれ、Eグレードにおいては、世界トップレベルのJC08モード燃費40.8km/Lが実現されている。他の2WD車でも37.2km/L、新たに投入された電気式4WDのE-Fourでも34.0km/Lを達成。全グレードがエコカー減税の免税対象となっている。さらに、トヨタの新たな自動車づくりの取り組みであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第1号車として、カッコよさを際立たせる「低重心スタイル」が採用され、「走りの楽しさ、乗り心地のよさ、静かさ」といった基本的な性能も底上げされている(2015.12)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014