新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較N-BOX+とハイエースバンの比較 詳細情報

クルマ比較:N-BOX+ vs ハイエースバン

ホンダN-BOX+

選び直す

ホンダ N-BOX+

新車価格
192.9万円(税込)
中古車価格
45.9万円~185万円
燃費
18.8~24.4km/L

トヨタハイエースバン

選び直す

トヨタ ハイエースバン

新車価格
469.2万円(税込)
中古車価格
29.9万円~909万円
燃費
14.0km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ハッチバック
最高出力(馬力)
58~64
最小回転半径
4.5
JC08モード燃費
18.8~24.4 /燃費を見る
排気量(cc)
658~658
乗車定員
3/4
全長×全幅×全高
3395×1475×1780 /
発売時期
2012年07月
  • ホンダ N-BOX+
  • ホンダ N-BOX+
  • ホンダ N-BOX+
  • トヨタ ハイエースバン
ボディタイプ
ミニバン
最高出力(馬力)
91~160
最小回転半径
4.7
JC08モード燃費
14.0 /燃費を見る
排気量(cc)
1998~2985
乗車定員
3/5/6/7/8/9/10
全長×全幅×全高
4695×1695×1980 /
発売時期
1996年08月
  • トヨタ ハイエースバン
  • トヨタ ハイエースバン

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

質が高い初代モデルを踏まえ進化したホンダ N-BOX(試乗レポート)

質が高い初代モデルを踏まえ進化したホンダ N-BOX(試乗レポート) ▲9月にフルモデルチェンジされ発売を開始した新型N-BOX。先日行われた試乗会での感想をお伝えする一見キープコンセプトながら[全文](2017.10.10)

ホンダの隠れた名車 グレイスは、ホンダセンシングの良さをより引き立てるモデルだ(試乗レポート)

ホンダの隠れた名車 グレイスは、ホンダセンシングの良さをより引き立てるモデルだ(試乗レポート) ▲「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載し、低燃費とスポーティな走りを追求したホンダ グレイス初期型は良い意味で期待を裏切るポテン[全文](2017.09.11)

ホンダ フィットがマイナーチェンジ。見た目より、中身の進化がハンパない!(試乗レポート)

ホンダ フィットがマイナーチェンジ。見た目より、中身の進化がハンパない!(試乗レポート) ▲現行型のホンダフィットが2013年に登場してから4年が経過。今回のマイナーチェンジでは大幅なブラッシュアップが施されている[全文](2017.09.03)

この車種の関連ニュース

高い静粛性と快適な乗り心地のトヨタ 新型カムリ(試乗レポート)

高い静粛性と快適な乗り心地のトヨタ 新型カムリ(試乗レポート) ▲15年連続で米国の乗用車販売台数No.1を獲得したトヨタ カムリが、7月10日にフルモデルチェンジした新プラットフォームを採用[全文](2017.08.20)

円熟した高い完成度のセダン トヨタ マークX(試乗レポート)

円熟した高い完成度のセダン トヨタ マークX(試乗レポート) ▲マークXの乗りやすく、飽きのこないプロポーションを好む方も多いはずだ落ち着いた初代から上品なプロポーションの2代目マー[全文](2017.07.22)

徹底的に鍛えられた走りと高い品質に注目のトヨタ C-HR(試乗レポート)

徹底的に鍛えられた走りと高い品質に注目のトヨタ C-HR(試乗レポート) ▲話題の新世代プラットフォーム「TNGA」を採用し、プリウスに続く第2のモデル「C-HR」(画像はGグレード)4WDターボのS-Tが好[全文](2017.05.08)

解説

エントリーグレードを追加設定エントリーグレード、Cタイプが追加設定されている。また、紫外線(UV)を約99%カットし赤外線(IR)を軽減させるガラスをすべての窓に採用した「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」や、「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器」がC、Gを除く全タイプに標準装備されている(2015.11)

解説

「トヨタ ハイエースバン」に関する解説は、今のところありません。

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014