新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較SAIとマークXの比較 詳細情報

クルマ比較:SAI vs マークX

トヨタSAI

選び直す

トヨタ SAI

新車価格
434万円(税込)
中古車価格
30万円~215万円
燃費
19.8~22.4km/L

トヨタマークX

選び直す

トヨタ マークX

新車価格
270.6万円~522.5万円(税込)
中古車価格
9.8万円~999万円
燃費
11.8km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
150~150
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
19.8~22.4 /燃費を見る
排気量(cc)
2362~2362
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4695×1770×1485
発売時期
2009年12月
  • トヨタ SAI
  • トヨタ SAI
  • トヨタ SAI
  • トヨタ マークX
ボディタイプ
セダン
最高出力(馬力)
203~360
最小回転半径
5.2
JC08モード燃費
11.8 /燃費を見る
排気量(cc)
2499~3456
乗車定員
5
全長×全幅×全高
4770×1795×1435 /
発売時期
2004年11月
  • トヨタ マークX
  • トヨタ マークX

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ

【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ ▲今年8月にデビューしたコンパクトSUVのヤリスクロスに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子を[全文](2020.11.02)

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる ▲今年6月に追加されたRAV4のPHVモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする※現[全文](2020.10.29)

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 ▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは[全文](2020.08.30)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ

【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ ▲今年8月にデビューしたコンパクトSUVのヤリスクロスに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子を[全文](2020.11.02)

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる ▲今年6月に追加されたRAV4のPHVモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする※現[全文](2020.10.29)

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 ▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは[全文](2020.08.30)

解説

装備が充実化した世界初「スーパーUV400カットガラス」が全車のフロントドアに採用され、快適性が向上している。また、洗車などによるすりきずを自己修復するクリア塗装を全ボディカラーに採用。さらに、ヒルスタートアシストコントロールの機能が向上し、多彩なサービスが自慢の最新のナビシステムも装備されている(2015.5)

解説

消費税の変更により価格を修正2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014