新車のことならカーセンサーラボnaviクルマ比較Vクラスとビアノの比較 詳細情報

クルマ比較:Vクラス vs ビアノ

メルセデス・ベンツVクラス

選び直す

メルセデス・ベンツ Vクラス

新車価格
740万円~950万円(税込)
中古車価格
19.9万円~1790万円
燃費
15.3km/L

メルセデス・ベンツビアノ

選び直す

メルセデス・ベンツ ビアノ

新車価格
470万円~560万円(税抜)
中古車価格
35万円~249万円
燃費
--km/L
  • クチコミ情報の比較
  • 基本情報の比較
  • 中古車情報の比較
ボディタイプ
ミニバン
最高出力(馬力)
143~258
最小回転半径
5.4
JC08モード燃費
15.3 /燃費を見る
排気量(cc)
1991~3724
乗車定員
7
全長×全幅×全高
4905×1930×1930 /
発売時期
1998年06月
  • メルセデス・ベンツ Vクラス
  • メルセデス・ベンツ Vクラス
  • メルセデス・ベンツ Vクラス
  • メルセデス・ベンツ ビアノ
ボディタイプ
ミニバン
最高出力(馬力)
218~218
最小回転半径
5.4
JC08モード燃費
-- /燃費を見る
排気量(cc)
3199~3199
乗車定員
7
全長×全幅×全高
4755×1910×1930 /
発売時期
2003年10月
  • メルセデス・ベンツ ビアノ
  • メルセデス・ベンツ ビアノ

カラーバリエーション

カラーバリエーション

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子 ▲2020年6月に発売となった新型メルセデス・ベンツ GLAクラス。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレ[全文](2020.11.03)

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV ▲2020年6月に発売となった新型メルセデス・ベンツ GLB。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポート[全文](2020.10.25)

【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化

【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化 ▲手頃なボディサイズとスタイリッシュなフォルムから人気を集めたメルセデスのコンパクトSUVがフルモデルチェンジ。2代目となっ[全文](2020.09.30)

この車種の関連ニュース

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子 ▲2020年6月に発売となった新型メルセデス・ベンツ GLAクラス。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレ[全文](2020.11.03)

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV

【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV ▲2020年6月に発売となった新型メルセデス・ベンツ GLB。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポート[全文](2020.10.25)

【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化

【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化 ▲手頃なボディサイズとスタイリッシュなフォルムから人気を集めたメルセデスのコンパクトSUVがフルモデルチェンジ。2代目となっ[全文](2020.09.30)

解説

内外装のイメージを刷新フロントフェイスを刷新し、スポーティなエクステリアデザインとなった。インテリアでは、2列目シートに、オットマン、リラクゼーション機能などが追加され、高級感をさらに高める、「エクスクルーシブシートパッケージ」がオプション設定された。歩行者検知機能付きアクティブブレーキアシストが採用されるなど、安全性能も向上。(2019.10)

解説

広大な室内空間を実現させたマルチパーパスビークルVクラスの後継モデルとして登場したM・ベンツのマルチパーパスビークル。Vクラスのスクエアな外観イメージを受け継ぎながらも、フロント回りなどは空力性能を高めたシャープなスタイリングとなった。フラットな床面の室内には3列シートが用意され、7人が快適に過ごせる空間を確保。左右両側にスライドドアが設けられ、優れた乗降性と容易な荷物の積み下ろしを実現している。エンジンは160kW/305N・mのパワー&トルクを発生する3.2LのSOHCで、電子制御5速ATと組み合わされる。駆動方式はVクラスがFFだったのに対し、ビアノではFRに変更されている。(2003.10)

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV014