新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 308CC 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

プジョー 308CC 【追加モデル】 / navi

(2009/05/15)

クーペとカブリオレ、2つの魅力を手軽に楽しめる「CC」を308に追加

プジョー 308CC|ニューモデル速報
↑ボディカラーはアルミナム・グレーやイパネマ・ブルー、バビロン・レッドなど全8色が用意されている
プジョーは人気の308シリーズに、クーペとカブリオレ両方の魅力を手軽に味わえる「CC」を追加設定した。

気になるルーフオープンシステムには2分割電動メタルルーフが採用され、開閉に要する時間は約20秒。先代307CCに対し約5秒の時間短縮が実現されるとともに精度や信頼性の向上も図られている。またフロントおよびボンネット以外は全てCC専用デザインのボディパネルが採用されるなど、外観では独自性を強烈にアピール。内装は「見せる」と「機能性」の両立が図られ、前後席に専用デザインのヘッドレスト一体型スポーツシートを採用。さらに後席の乗降性を向上させるためイージーアクセス機能が標準装備され、運転席にはポジションメモリー機能も備わる。

用意されるグレードは、「プレミアム」と「グリフ」の2種類。より上級なのはグリフで、シートだけでなくドア内張りやダッシュボードまでレザーがおごられたインテグラルレザー仕様となるが、プレミアムでも本革シートや16インチアルミホイールが装着されるなど、装備内容は十分。また、機能面では差がなく、搭載されるエンジンは両モデルともターボを備えた1.6L直4DOHC。組み合わされるミッションは4ATだ。ただ、グリフにのみ受注生産ではあるが、左ハンドル車を選択することができる。

価格はプレミアムが420万円、グリフはハンドル位置を問わず455万円となっている。
グレードプレミアム
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション4AT
全長×全幅×全高(mm)4455×1820×1430
ホイールベース(mm)2610
車両重量(kg)1580
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]103(140)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500
10・15モード燃費(km/L)9.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)420.0
■発表日:平成21年5月14日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027