新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウス 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウス 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/05/18)

新開発されたリダクション機能付きTHS IIの採用により
2.4L車並の動力性能と世界トップレベルの燃費性能を兼ね備えた3代目

トヨタ プリウス|ニューモデル速報
↑ボディカラーはメーカーオプションであるホワイトパールクリスタルシャインを含む全8色が用意され、組み合わされる内装色はアクアとミディアムグレーの2色が揃う
コンセプト
システム全体の90%以上を新開発
世界トップの燃費性能と高い走行性能を両立
「エコカー=ハイブリッドカー=トヨタ」という図式を作り上げたプリウスにフルモデルチェンジが施され、3代目へと進化を遂げた。
新型プリウスの最大の特徴は、その90%以上が新開発されたというハイブリッドシステムだ。「THS II」という名称こそ変わりはないものの、組み合わされるエンジンは新開発された1.8L直4DOHC。99ps/14.5kg-mというパフォーマンスは、従来モデルに対し23ps/3.3kg-mのアドバンテージを誇り、高速走行時に上質な走りをもたらすとともに燃費性能の向上にも貢献。
また、モーターは小型・高回転型に変更することで高出力化が目指され、新たにトルクを増幅させるリダクションギアも採用することで、THS IIの主要ユニットの小型&軽量化とエネルギー効率向上を実現。結果、新型の燃費性能は、2.4L車並の動力性能を確保しつつ10・15モード燃費で38.0km/L(Lグレード)という、世界トップの数値が目指された。
内外装
機能美と空力性能を追求した外観と
視認性と操作性の向上を図った内装
外観は、従来モデルから「トライアングルシルエット」を継承しつつ空力理論に基づいた「エアマネジメント」を徹底。Cd値0.25という世界トップレベルの空力性能を実現するとともに、Aピラーを25mm前に出し、かつ前倒させ、ルーフのピークを後方に移動させることで、後席居住性の向上が図られた。
一方内装は、視認性と操作性の向上を目指したコックピットレイアウト。まず、情報が表示されるディスプレイゾーンと操作を行うコマンドゾーンが明確に別けられた。またセンタークラスターとコンソールを一体化し、操作しやすい位置にシフトノブを設けるなど、使い勝手の良さがアップしている。
そのほか装備面では、燃費優先に車を制御する「エコドライブモード」や、オーナーのエコドライブをサポートする「エコドライブモニター」が採用されている。またオーディオや空調、前述のエコドライブモニターなどの操作ができるステアリングスイッチは、操作時に指が触れた場所をセンターメーターに表示する「タッチトレーサーディスプレイ」が備えられた。さらにムーンルーフに設置されたソーラーパネルで発電した電力を用いて室内の換気を行う「ソーラーベンチレーションシステム」なども用意された。
バリエーション
エンジンやミッションなど機能面に差はなく
装備差により「L」「S」「G」の3グレードを用意
新型プリウスのグレードは、「L」「S」「G」の3モデル。エンジンなどのメカニカルな部分に違いはなく、装備類の差でグレード分けされている。一番ベーシックなのは「L」で、フロントフォグランプやリアセンターアームレスト、トノカバーなどは装備されないが、オートエアコンや6:4分割可倒式リアシートなど、必要な装備類はきちんと用意。一方、上級グレードである「G」には、本革巻きステアリングやクルーズコントロールなどが奢られる。
また、「S」と「G」には“ツーリングセレクション”と“ツーリングセレクション・レザーパッケージ”が用意され、前者は215/45R17タイヤや専用チューンドサスペンション、リアバンパースポイラー、LEDヘッドランプなど、新型プリウスの走りの性能を向上させるアイテムを追加装備。一方、後者は「G」のみに設定されており、“ツーリングセレクション”の装備に加え、プリクラッシュセーフティシステムやインテリジェントパーキングアシスト、本革シートなどが装着されている。
価格は「L」の205万円から「G“ツーリングセレクション・レザーパッケージ”」の327万円まで。
POINT
1前後長を長くしたリアスポなど
空力性能の向上が図られた
トヨタ プリウス リアスタイル|ニューモデル速報
2センタークラスターとコンソールを
一体化させた斬新なデザインのインパネ
トヨタ プリウス インパネ|ニューモデル速報
3前席シートバックの薄型化など
広い室内空間を創出
トヨタ プリウス 前後シート|ニューモデル速報
4ソーラーベンチレーションシステム
用のソーラーパネルをルーフに搭載
トヨタ プリウス ソーラーベンチレーションシステム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードLSG
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4460×1745×1490
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)13101350
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1797
最高出力[kW(ps)rpm]73(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]142(14.5)/4000+207(21.1)
10・15モード燃費(km/L)38.035.5
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)205.0220.0245.0
■発表日:平成21年5月18日 ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027