新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レガシィ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル レガシィ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/05/20)

伝統の走行性能や安全性能はそのままに
ボディの拡充により快適な居住空間と優れた環境性能を実現

スバル レガシィ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、新色のグラファイトグレー・メタリックやクリスタルブラック・シリカ、ギャラクシィブルー・シリカを含む全9色が用意されている
コンセプト
快適な居住空間と優れた走行性能を
兼ね備えた新型レガシィ登場
ステーションワゴン、セダン、アウトバックとボディ形状を問わず、それぞれのカテゴリーで高い人気を博しているレガシィシリーズにフルモデルチェンジが施され、5代目へと進化を遂げた。
新型のコンセプトは「グランドツーリング イノベーション」。レガシィ伝統の走行性能や安全性などを進化させながら、ドライバーはもちろん乗る人全員が快適に過ごせる乗り心地や居住空間、さらには優れた環境性能まで目指されている。
最大のポイントは、全方位に拡充されたボディ。全長×全幅×全高は4775×1780×1535mm(ツーリングワゴン)で、従来モデルに対し全長+50mm、全幅+50mm、全高+65mmも大きくなり、前席、後席を問わずゆとりある室内空間が実現された。
用意されるエンジンは、すべて伝統の水平対向エンジンで、排気量は2.5Lと3.6L。2.5Lは4気筒でNAのSOHC(170ps/23.4kg-m)とターボを備えたDOHC(285ps/35.7kg-m)の2種類が揃う。一方、3.6Lは6気筒で、最高出力260ps、最大トルク34.2kg-mを発揮しながらレギュラー仕様となるなど、経済性にも配慮されている点が特徴。組み合わされるミッションは、2.5L NAにはリニアトロニックと名付けられたCVTが。2.5Lターボには5ATと6MTが用意され、V6は5ATとなる。
なお、駆動方式は全車4WDで、スバル独自の技術であるシンメトリカルAWDだ。
内外装
力強さと存在感がテーマの外観に
快適さと優れた使い勝手の内装
前述したように、ボディサイズは全方位に拡充されたが、最小回転半径を5.5mとすることで、優れた取り回しを実現。デザイン面ではワゴンとアウトバックにDピラーをしっかり見せるデザインを採用することで、らしさを保ちつつ力強さや存在感を演出。一方、B4は従来のスポーティセダンをを彷彿とさせるフォルムが継承されている。
内装では、ボディの拡充がいかんなく発揮され、ゆとりある居住空間を創造。加えてアームレスト機能を備えたフロアコンソールボックスや大型ドアポケットが用意されるなど、ユーティリティ性も高い。さらにサッシュ付ドアを採用することで開口部が拡大され、後席への乗降性も高められている。
そのほかの装備面では、オーディオにマッキントッシュサウンドシステムやプレミアムサウンドシステムの2種類が設定される点は従来モデルと同様だ。
バリエーション
3種類のエンジンとミッションの組み合わせで
多彩なグレードが構成される
新型レガシィのグレードは、ワゴンとB4が同一で、アウトバックのみ独自のライン。ワゴンとB4には2.5L NAを搭載する2.5i、2.5Lターボを搭載する2.5GTが揃い、それぞれにLパッケージとSパッケージが用意されている。加えて2.5GTには、SIレーダークルーズコントロールを搭載したSIクルーズや6MT仕様(Sパッケージ)も設定された。
対してアウトバックは、2.5L NA搭載の2.5iと3.6L搭載の3.6Rの2種類。前者にはLパッケージが、後者にはSIクルーズが 用意されている。
価格は、ワゴンが236万2500円(2.5i)から336万円(2.5GT Sパッケージ)。B4は220万5000円(2.5i)から328万6500円(2.5GT SIクルーズ)。アウトバックは267万7500円(2.5i)から370万1250円(3.6R SIクルーズ)となる。
POINT
1ボディの大きさを感じさせない
AWDスポーティセダンの代名詞
スバル レガシィB4 リアスタイル|ニューモデル速報
2内外装にアグレッシブさを導入
スバルのフラッグシップSUV
スバル レガシアウトバック スライドドア|ニューモデル速報
3「ゆとり」や「機能性」を
感じさせるインパネデザインを採用
スバル レガシィ インパネ|ニューモデル速報
4快適な座り心地と
優れたホールド性を兼ね備えたシート
スバル レガシィ 前後シート|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードB4 2.5iB4 2.5GT
Sパッケージ
ツーリングワゴン 2.5iツーリングワゴン 2.5GTアウトバック 3.6R
駆動方式4WD
トランスミッションCVT6MTCVT5AT
全長×全幅×全高(mm)4730×1780×15054775×1780×15354775×1820×1605
ホイールベース(mm)27502745
車両重量(kg)1440148015101580
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4SOHC水平対向4DOHC+ターボ水平対向4SOHC水平対向4DOHC+ターボ水平対向6DOHC
総排気量(cc)24573629
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/5600210(285)/6000125(170)/5600210(285)/6000191(260)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]229(23.4)/4000350(35.7)/2000ー5600229(23.4)/4000350(35.7)/2000ー5600335(34.2)/4400
10・15モード燃費(km/L)14.011.414.012.010.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65プレミアム/65レギュラー/65プレミアム/65レギュラー/65
車両本体価格(万円)220.5320.25236.25294.0346.5
■発表日:平成21年5月20日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027