新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン シロッコ 【新型車】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン シロッコ 【新型車】 / navi

(2009/05/25)

優れた走りの性能と高い燃費性能を秘めた
躍動感溢れるフォルムのプレミアムスポーツクーペ

フォルクスワーゲン シロッコ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の鮮やかなバイパーグリーンメタリックを含む全4色が用意され、組み合わされる内装色はグレードを問わずブラックとなる
コンセプト
最新技術がふんだんに採用され
優れた走行性能と低燃費を両立
フォルクスワーゲンが誇る最新技術とインパクト溢れるスタイリング、さらに優れた走行性能までを兼ね備えたプレミアムスポーティクーペとして、シロッコが日本において約20年ぶりに復活を果たした。
新型シロッコのメカニカルなハイライトは、アダプティブシャーシコントロールDCCの採用だ。このDCCは路面や運転状況などに応じてダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性を瞬時にコントロールするシステムで、あらゆる走行シーンに応じて最適なサスペンション性能を発揮することが目指された。さらに「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」と3種類のモードが用意され、スポーツを選択すればロールやピッチングが抑えられたシャープなハンドリングが味わえ、コンフォートなら荒れた路面でも快適な乗り心地が実現されている。
用意されるエンジンは、新型ゴルフにも採用されている1.4L TSIツインチャージャーと2L TSIターボの2種類。前者は最高出力160ps、最大トルク24.5kg-mを発揮し、7速DSGと組み合わせることで、小排気量を感じさせない瞬発力のある走りと10・15モード燃費15.8km/Lという優れた低燃費の両立が図られている。一方、後者は最高出力200ps、最大トルク28.6kg-mとひと回り強力で、組み合わされるミッションは高出力エンジンに適合する6速DSG。こちらも10・15モード燃費13.2km/Lと良好な燃費性能を実現しつつ、0→100km/h加速7.1秒という優れた動力性能が確保された。
内外装
スポーツカーらしいロー&ワイドな外観
使い勝手に優れ快適な居住空間
本国では新型ゴルフよりも先にデビューしているため、水平基調を取り入れた新生フォルクスワーゲンデザインが採用された最初のモデルとなったシロッコ。全長4255×全幅1810×全高1420mmというボディサイズはゴルフと比較して、20mm広く、65mm低いというロー&ワイドなフォルム。特にリアに向かって絞り込まれたキャビンやなだらかに落ちているルーフラインは、これまでのフォルクスワーゲン車とは一線を画す個性的かつスポーティなデザインが実現されている。
一方インテリアは、後席にも大人2名が座れる4シーターレイアウトを採用。後席のヒップポイントを前席よりやや高め、さらに中央寄りとすることで前方視界を確保し、閉塞感を解消するなど、後席の居住性もきちんと確保されている点はフォルクスワーゲン車らしい。デザイン面では使い勝手が考慮され、インパネに整然とメーター類やスイッチ類をレイアウト。クロームリングで縁取られたメーター類や3本スポーク異形レザーステアリング、パドルシフト、ガングリップタイプのレザー&アルミシフトノブなど、スポーティなアイテムもふんだんに採用されている。また、実用性も通常312L、最大で1006Lのラゲージ容量が確保されるなど十分だ。
装備面では、オーディオシステム「RNS510」やETC車載機、2ゾーンフルオートエアコン、クルーズコントロールなどがグレードを問わず標準装備され、上級モデルである2.0TSIにはパノラマガラスルーフがオプションで用意されるなど、充実している。
バリエーション
エンジン&ミッションが異なる
2グレードが設定される
新型シロッコのグレードは、TSIと2.0TSIの2種類。両車の大きな違いは搭載されるエンジン&ミッションで、前者は1.4L TSIツインチャージャー+7速DSG。後者は2L TSIターボ+6速DSGで、さらにアダプティブシャーシコントロールDCCが装備されるなど、よりスポーティなモデルという位置付けだ。
ただ、メカニカルな部分以外の装備差は少なく、2.0TSIにのみ装備されるものとして、レザーシートや運転席パワーシート、前席パワーランバーサポート&シートヒーター、運転席電動イージーエントリー機能などがあげられる程度だ。
価格は、TSIが392万円、2.0TSIが447万円となる。
POINT
1フェンダーが大きく張り出した
パワフルかつワイドなリアスタイル
フォルクスワーゲン シロッコ リアスタイル|ニューモデル速報
2人間工学に基づいて設計され
使い勝手の良さとスポーティさを両立
フォルクスワーゲン シロッコ インパネ|ニューモデル速報
3通常312L、最大1006Lという
広く使いやすいラゲージルーム
フォルクスワーゲン シロッコ ラゲージ|ニューモデル速報
4優れた操縦性と乗り心地を両立
革新的なサスペンション技術DCC
フォルクスワーゲン シロッコ アダプティブシャーシコントロールDCC|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードTSI2.0TSI
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション7AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4255×1810×1420
ホイールベース(mm)2575
車両重量(kg)13401360
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ
+スーパーチャージャー
直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)13891984
最高出力[kW(ps)rpm]118(160)/5800147(200)/5100―6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1500−4500280(28.6)/1700ー5000
10・15モード燃費(km/L)15.813.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/55
車両本体価格(万円)392.0447.0
■発表日:平成21年5月25日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027