新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー コレオス 【新型車】 / navi

クルマニュース

ルノー コレオス 【新型車】 / navi

(2009/06/02)

仏車らしい優れた乗り心地と高い走破性を兼ね備えたルノー初のクロスオーバーカー

  • ルノー コレオス|ニューモデル速報
  • ルノー コレオス インテリア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、標準色が3色、注文生産色が5色の全8色が用意されている
ルノーはフランス車らしい快適な乗り心地と優れた走破性を発揮する4WD性能を兼ね備えた同ブランド初のクロスオーバーカー「コレオス」をラインナップに追加した。

オン/オフを問わない快適な乗り心地の提供が目指されたコレオスは、フロントサスペンションに防振インシュレーター入り井桁サブフレームを採用。衝突安全対策に有効なだけでなく、高速走行時の安定性も高められている。また、リアサスペンションはマルチリンクとなり、大型アームブッシュが装着され、振動の減少と走行性能の向上が図られた。
駆動方式は4WDで、日産が開発した「オールモード4×4-iシステム」を搭載。走行状況に応じて常に最適な前後トルクを配分するこのシステムの採用で、様々なシーンで優れた走行性能の確保が実現されている。
用意されるエンジンは、2.5L直4DOHC。170ps/23.1kg-mを発生し、組み合わされるミッションは、ルノー初となるCVT。スムーズかつ滑らかな変速を実現するとともに6速マニュアルモードも備え、スポーティな走りを楽しむことも可能だ。
優れた乗り心地や走行性能だけでなく、実用的で使い勝手のよいインテリアもコレオスの魅力。テールゲートは上下分割式が採用され、上部ゲートは電動スイッチで開き、狭い駐車スペースでの荷物の出し入れに便利。さらにラゲージスペースのフロアは750mmと低く、大きな荷物の積載も問題ない。

ラインナップは「コレオス」「コレオス プレミアム」「コレオス プレミアム グラスルーフ」の3種類。エンジンやミッションなどの機能面に差はなく、装備類の差でグレード別けがなされており、最上級モデル「コレオス プレミアム グラスルーフ」には、電動パノラミックグラスルーフや2ゾーンオートエアコンなどが標準装備。価格は319万8000円、349万8000円、359万8000円となっている。
グレードコレオスコレオス プレミアム
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4525×1855×16954525×1855×1710
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)16601700
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2488
最高出力[kW(ps)rpm]126(170)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]226(23.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65
車両本体価格(万円)319.8349.8
■発表日:平成21年5月27日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027