新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラセダン/アクセラスポーツ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラセダン/アクセラスポーツ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/06/11)

アイドリングストップなど先進の環境/安全性能
優れた走行性能をあわせ持ったエコ・スポーツ

マツダ アクセラ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のセレスチアルブルーマイカ、新色のインディゴライトマイカ、グラファイト・マイカを含む全7色
コンセプト
「i-stop」など、環境性能を向上
エコ・スポーツをうたう
スポーティな走りとスタイリングで人気のコンパクト・スポーツ、マツダ・アクセラ。6年振りのモデルチェンジでは、従来のスポーツ路線に加えて質感の高い室内空間を実現、先進の環境・安全性能を実現した。
エンジンは1.5L、2L、2.3Lターボの3種類。2L、FF車には信号待ち等でアイドリングストップを行う「i-stop」を標準装備。エンジン再始動時間が一般的なアイドリングストップの半分となる約0.35秒となる。エンジン停止・始動時の振動や騒音を抑え、スムーズな操作性をうたう。「i-stop」搭載の2L、FF車で従来モデルに比べて約15%燃費が改善されている。また1.5L車はCVTを採用。スポーティな走りと18.4km/Lの燃費を両立したという。ミッションはエンジンの特性にあわせてCVT、5AT、4AT、6MTのいずれかが組み合わされる。
内外装
スポーティな外装を継承
新開発の「MID」を採用
デザインコンセプトは「アイデンティティの継承とエクスプレッシヴ(表情豊かな)への進化」。先代のスタイリングを継承しながら、よりエモーショナルに昇華した。マツダ車の象徴でもある五角形グリルを強調させた躍動感あるデザインが特徴。2.3Lターボを積む「マツダスピードアクセラ」では、エアインテークが設けられた専用ボンネット、エアロバンパー、大型フローティングリアルーフスポイラーなどが装備される。
インテリアは、インパネ上部にソフトな素材を使用するなど高い質感を追求。また新開発のマルチ・インフォメーション・ディスプレイ(MID)やオーディオ/エアコンスイッチやシフトレバーなどの操作系をドライバーの手の動きが最小限になるように配置された。安心して運転に集中できるスポーティな室内環境を目指したという。
バリエーション
セダンとスポーツを用意
2.3Lターボのスポーツ仕様も同時デビュー
ボディは4ドアセダンとスポーツと呼ばれる5ドアハッチバックの2タイプ。グレードはセダン/スポーツ共通で1.5LにCVTを組み合わせた「15C」、2Lに5ATを積んだ「20C」と、その豪華版である「20E」。ちなみに「20E」には4ATの4WD仕様もある。さらにスポーツには2.3Lターボ 6MTを積む「マツダスピードアクセラ」も設定されている。
先端装備では、車速60km/h以上で走行中に、隣車線から車両が接近してくるとドアミラーのインジケーターが点灯するなどの機能を持つ「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」や、急ブレーキ時に後方車両にハザードランプを点灯して警告するエマージェンシー・シグナル・コントロール(ESS)」が用意された。そのほか、横滑り防止装置であるDSCは2LのFF車と、マツダスピードアクセラに標準装備されている。 価格はセダンハッチバックとも「15C」の166万円から「20E(4WD)」の210万円まで。またスポーツにだけ用意される「マツダスピードアクセラ」が267万8000円となる。
POINT
1ボディスタイルは
セダンとハッチバックの2タイプ
マツダ・アクセラ セダン リアスタイル|ニューモデル速報
2H.M.Iを追求したインパネ
各種スイッチを効率的に配置
マツダ・アクセラ インパネ|ニューモデル速報
3静粛性/燃費性能も改善
フィット感とホールド性を増したシート
マツダ・アクセラ シート|ニューモデル速報
4アイドリンス・ストップを用意
性能と燃費を両立
マツダ・アクセラ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードアクセラセダン15Cアクセラセダン20Cアクセラスポーツ15Cアクセラスポーツ20Eマツダスピードアクセラ
駆動方式2WD(FF)4WD2WD(FF)
トランスミッションCVT5ATCVT4AT6MT
全長×全幅×全高(mm)4580×1755×14654490×1755×14654490×1755×15054510×1770×1465
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)12301330125014201450
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)14981998149819982260
最高出力[kW(ps)rpm]82(111)/6000110(150)/620082(111)/6000105(143)/6500194(264)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4500186(19.0)/4500140(14.3)/4500179(18.3)/4500380(36.7)/3000
10・15モード燃費(km/L)18.416.418.411.611.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55プレミアム/60
車両本体価格(万円)166.0189.0166.0210.0267.8
■発表日:平成21年6月11日 ■取り扱い:マツダ店、アンフィニ店、オートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027