新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ビアンテ 【一部改良】 / navi

クルマニュース

マツダ ビアンテ 【一部改良】 / navi

(2009/06/29)

一部グレードに「i-stop」を装備し、減税の対象車種に

マツダビアンテ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは新色のラディアントエボニーマイカが追加され、全6色が用意される
「最広ビアンテ」のキャッチフレーズ通り、広い室内で人気を博すマツダの中型ミニバン、ビアンテに一部改良が施された。

最大のトピックは主力グレード、FF車の20Sにマツダ自慢のアイドリングストップ機構「i-stop」が標準装備されたこと。これにより燃費が従来比で約7%アップ、10・15モード燃費で13.6km/Lに向上した。

また、全車にエコ運転を支援するトリップコンピューター(燃費計)およびエコランプなどの環境を意識させるデバイスが追加された。さらに運転席にチケットバンド付サンバイザーやシートレールに装着して使うラゲッジフックなど使い勝手を向上させるアイテムも加えられている。なお20SのFFおよび23Sに横滑り防止機構DSCが追加され、安全性能の向上がなされた。

今回の改良によりFFの2L車は自動車所得税や自動車重量税の軽減措置が受けられる環境対応車普及促進税制に適合、また環境対応車普及促進対策費補助金の対象となった。
価格は、従来モデル(20S Limited[FF])に対し据え置きで249万9000円。
グレード20CS20S20S23S
駆動方式FF4WDFF
トランスミッション5AT4AT5AT
全長×全幅×全高(mm)4715×1770×18354715×1770×18554715×1770×1835
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)164017501650
乗車定員(人)8
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)19982260
最高出力[kW(ps)rpm]111(151)/6200106(144)/6200 121(165)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]190(19.4)/4500184(18.8)/4000210(21.4)/4000
10・15モード燃費(km/L)12.813.610.611.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60レギュラー/55プレミアム/60
車両本体価格(万円)213.15249.9278.8269.9
■発表日:平成21年6月25日 ■取り扱い:マツダ店、アンフィニ店、オートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027