新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス HS250h 【新型車】 / navi

クルマニュース

レクサス HS250h 【新型車】 / navi

(2009/07/15)

レクサスブランド初となるハイブリッド専用車
部品や内装にも環境を意識した素材を使用

レクサス HS250h|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のブラックオパールマイカを含む、全10色が用意されている
コンセプト
"調和"を意識した新しい高級車像
ハイブリッドで23.0km/Lの低燃費を実現
レクサスにとって初めての前輪駆動専用車、かつ初めてのハイブリッド専用車がHS250h。HSとは「Harmonious Sedan(ハーモニアス・セダン)」のこと。"調和"をテーマに、地球や人との調和はもちろん、上質との調和も備えた車を目指して開発された。2.4Lのアトキンソンサイクルエンジンにモーターとリダクションギアを組み合わせたハイブリッドシステムは、23.0km/Lの低燃費を達成。
さらに、このシステムはシーンに応じ「エコモード」「パワーモード」「EVドライブモード」の3つの走行モードを選択することができる。「EVドライブモード」とはモーターのみで静かな走行を行うモードのことである。
また、植物を原料としたエコプラスチックがラゲージトリム、スカッフプレート、ツールボックス等の射出材およびシートクッションのフォーム材等さまざまな箇所に幅広く採用されている。
内外装
空力性能向上が図られたエクステリア
人を中心に考えられた操作系
エクステリアはレクサスらしいロングキャビンを採用しながら、空力性能も意識したデザインが取り入られた。ボディそのものの形状はもちろん、フロントグリル、前後バンパー、リアフェンダー等の形にも工夫がこらされ、居住性と空力の両立が図られている。CD値はこのクラス、トップレベルの0.27を実現。またインテリジェントパッケージと呼ばれるこのデザインは前方視認性と乗降性にも配慮がなされた。
インテリアは「人を中心に考えたコクピット」の具現化が目指された。まずナビ画面の位置を最適化し、最小限の視線移動でさまざまな情報を視認できるヘッドアップディスプレイが採用された。次にRX同様、指先の感触でナビ画面上のポインターを操作できる「リモートタッチ」をセンタークラスター上に配置。また、ドライバーのエコドライブを視覚的にサポートする「ハイブリッドシステムインジケーター」と「エコドライブインジケーター」等、運転者に積極的なエコドライブを促す装備も施されている。
バリエーション
基本グレードでも装備は充実
装備等の違いによる4グレードを用意。
グレードは装備の違いにより4種類が用意される。基本グレードでもLEDヘッドランプ、本革ステアリング、17インチのアルミホイール、マルチインフォメーションディスプレイなどは標準装備とされた。
「versionS」はスポーティなパーツが装備されたグレード。18インチホイールに専用チューンドサスペンション、前後スポイラー等が施される。「VersionI」はステアリングにウッド+本木目、シートにはセミアニリン本革シート他ラグジュアリーな装備が追加される。「versionL」はプリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロール、ワイドビューフロントモニター等ハイテク安全装備が満載のグレードとなる。
価格はHS250hの395万円から「versionL」の535万円まで。
POINT
1CD値、0.27を誇る空力ボディ
室内の居住性も確保
レクサス HS250h リアスタイル|ニューモデル速報
2環境に優しいエコプラスチックを
車内広範囲に使用
レクサス HS250h 室内|ニューモデル速報
3運転中の視認性と操作性の両立を
目指したコクピット
レクサス HS250h インパネ|ニューモデル速報
4ナビの位置を最適化
ヘッドアップディスプレイも装備
レクサス HS250h ナビゲーション|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードHS250h
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4700×1785×1505
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1640
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)2362
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6000+105(143)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]187(19.1)/4400+270(27.5)
10・15モード燃費(km/L)23.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55
車両本体価格(万円)395
■発表日:平成21年7月14日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027