新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ミラ ココア 【新型車】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ミラ ココア 【新型車】 / navi

(2009/08/18)

独自の感性・ライフスタイルを持った女性がターゲット
シンプル&カジュアルがテーマのタウン軽

ダイハツ・ミラココア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色ココアベージュマイカメタリックを含む全9色。
コンセプト
愛着のわくデザイン
「お出かけを楽しく」がコンセプト
「愛着がわき、お出かけが楽しくなるデザイン」「扱いやすさを高める充実の運転サポート装備」パフォーマンスと環境性能の両立による「優れた基本性能」が図られた、シンプル&カジュアルなタウン軽がダイハツ ミラ ココアだ。
ターゲットは「自分の感性・感覚でモノ選びを行い、毎日を肩肘張らずに楽しむ女性」。丸いヘッドランプのフロントマスクや台形のサイドラインなど愛嬌のあるデザインが採用されている。エンジンは58PS、6.6kgmを発揮する直列3気筒DOHC1種類。このエンジンは低中速域で豊かなトルクと、優れた燃費性能との両立が図られたものだ。結果「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」に認定されている。これに4ATあるいはCVTを組み合わせ、駆動方式はFFと4WDが用意される。また、CVTのFF車は「平成22年度燃費基準+25%」に適合している。
内外装
シンプルかつ親しみやすさが目指された
国内初となる安全デバイスを採用
エクステリアのデザインコンセプトは「あたたかモダン」。水平基調のラインとクリーンな面構成、角にしっかりと丸みをつけたシルエットで、親しみやすさとあたたかみを表現しているという。シックな色からカジュアルな色まで、ファッション感覚でボディカラーを選べるのもポイント。
インテリアは、インストルメントパネルやドアトリムをラウンドスクエアにすることで統一感が図られている。グレードにより、イエローベージュのスエード調シート表皮、グレイッシュベージュの柔らかで立体感のあるシート表皮、オプションで革巻ステアリングホイールに黒いシート表皮のシックな仕様も用意される。
リヤラウンドガラスや、細いフロントピラーにより良好な前後視界を確保、見切りのよい水平基調のボンネットを採用し、運転しやすさにも配慮が図られた。
国内初採用となる、バックモニター内蔵ルームミラーをココアプラスGに標準装備、他一部グレードにはオプションで用意される。これは車庫入れや駐車の際に、シフトポジションを「R」に入れると、ルームミラーにバックカメラのカラー映像を映し、ドライバーの操作をサポートするというもの。また、運転席シートリフターやチルトステアリング、アジャスタブルショルダーベルトアンカーで、様々な体格や姿勢に合わせて最適なドライビングポジションが選べる機能、アジャスタブルパックは全グレードに採用された。
バリエーション
ベーシック版と豪華仕様の「プラス」を用意
全グレードFFと4WDを選択可能
グレードは4ATとの組み合せとなるココアL、CVTが組み合わされるココアXの2グレードが基本。これにルーフレールや、フォグランプ、デオドラント機能付シート表皮など豪華装備が付加される「プラス」が用意される。また、CVTとの組み合わせで「プラス」専用となる、ココアプラスGを最上級グレードとしてラインアップ。これにはさきのバックモニター内蔵ルームミラー、本革巻ステアリングなどが標準装備される。各グレードともFF、4WDどちらの駆動方式でも選択できる。価格はココアL FFの105万円から、ココアプラスG 4WDの134万円まで。
POINT
1豪華仕様の「プラス」には
ルーフレールなどが付加される。
ダイハツ・ミラ ココアプラスG|ニューモデル速報
2最上級グレード、プラスGには
本革巻ステアリングを標準装備
ダイハツ・ミラ ココア インパネ|ニューモデル速報
3様々なシート表皮を用意。
「プラス」はシート生地に消臭機能を付加
ダイハツ・ミラ ココア シート|ニューモデル速報
4ドライバーをサポートする
バックモニター内蔵ルームミラー
ダイハツ・ミラ ココア バックモニター内蔵ルームミラー|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードココアLココアプラスXココアプラスG
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッション4ATCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×15303395×1475×1560
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)780800860
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/7200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/4000
10・15モード燃費(km/L)19.423.520
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36レギュラー/34
車両本体価格(万円)105.0125.0134.0
■発表日:平成21年8月17日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027