新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ランドクルーザープラド 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ランドクルーザープラド 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/09/14)

伝統の走破性、耐久性にオンロードでの快適性をプラス
ユーティリティ性能の向上も図られたマルチオフローダー

トヨタ ランドクルーザープラド|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のホワイトパールクリスタルシャインを含む全10色
コンセプト
オフロード、オンロードを問わない
快適性が目指された
70系ライトデューティとして84年に誕生、進化を遂げてきた伝統の4WDモデル、ランドクルーザープラドがモデルチェンジを果たし4代目となった。
170以上の国と地域で販売されるグローバールモデル。コンセプトは「オフロード&いつもの快適」だ。ランドクルーザー200同様に、オン・オフの走行状況に応じて前後スタビライザーの作動を最適に制御するキネティックダイナミックサスペンションシステムが採用された。また駆動・制動の制御をスイッチ操作で切り替え可能なマルチテレインセレクトや、4つのカメラ映像で周囲の路面状況を確認できる世界初のマルチテレインモニターなど、初心者でもオフロードを楽しめる先進の運転支援技術がオプションで用意される。また、サードシートが従来のはね上げ式から床下収納式に変更されるなど、多彩なシートアレンジを実現。ユーティリティ性能の向上にも配慮がなされた。
内外装
力強さと洗練の両立が目指されたエクステリア
快適性と使い勝手が追求された室内
エクステリアは「インテリジェントモダン」をキーワードに、都会にもアウトドアシーンにも映える洗練された逞しさと頑強さが表現されている。コンポーネントを加えていく方法ではなく、各部の造形を統合することで、一体化した塊感を強調。見る角度によって躍動感や骨太感、力強さを感じさせるデザインが施された。
インテリアは水平基調のインスツルメントパネルに垂直基調のセンタークラスターを組み合わせた構成を採用。街中にもオフロードにも合う、堅牢かつ快適で洗練された上質さが目指された。オフロードでのスイッチ類の操作性にも気が配られているという。また、計器類にはマルチインフォメーションディスプレイ、エコランプインジケーターも表示するオプティトロンメーターが採用された。
バリエーション
ボディスタイルは5ドアのみに集約
進化した2.7L 直4と4L V6を搭載
先代で用意されていた3ドアのショートボディは国内市場では廃され、5ドアボディに統一された。2.7Lの直4と4LのV6エンジンは先代モデルからのキャリーオーバーだが、大幅な改良が施された。特に4L V6エンジンはレギュラーガソリン仕様に変更されている。さらに排気側にバルブタイミングリフト機構を追加、ローラーロッカーアームを新採用することで、燃費の向上と高出力化が図られている。組み合わされるミッションは2.7Lが4AT、4Lが5ATで駆動方式は全車4WDとなる。
価格は2.7L 5人乗りのエントリーグレード「TX」の315万円から4L 7人乗り「TZ-G」の475万円まで。
POINT
13ドアショートボディが廃され
国内市場は5ドアに集約された
トヨタ ランドクルーザープラド リアスタイル|ニューモデル速報
2道を問わない快適性が目指され
悪路でのスイッチ操作性も向上
トヨタ ランドクルーザープラド インパネ|ニューモデル速報
33列目シートは床下収納に変更
多彩なシートアレンジを誇る
トヨタ ランドクルーザープラド シートアレンジ|ニューモデル速報
4世界初マルチテレインモニター
周囲の路面状況をモニターする
トヨタ ランドクルーザープラド マルチテレインモニター|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードTXTX LパッケージTZTZ-G
駆動方式4WD
トランスミッション4AT5AT
全長×全幅×全高(mm)4760×1885×18504760×1885×1835
ホイールベース(mm)2790
車両重量(kg)2030209021602180
乗車定員(人)57
エンジン種類直4DOHCV6DOHC
総排気量(cc)26933955
最高出力[kW(ps)rpm]120(163)/5200203(276)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]246(25.1)/3800380(38.8)/4400
10・15モード燃費(km/L)8.88.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/87
車両本体価格(万円)315374410475
■発表日:平成21年9月14日 ■取り扱い:トヨタ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027