新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディQ7 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

アウディQ7 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/09/30)

ブレーキエネルギー回生システムを装備、最新の安全デバイスをオプション化

  • アウディ Q7|ニューモデル速報
  • アウディ Q7|ニューモデル速報
↑エアロパーツ等を装着するスポーティなS-line exclusiveも用意される
エレガントでスポーティなデザインながら、使い勝手の良い広大なラゲッジスペースを備える高性能ラグジュアリーSUV、Q7にマイナーチェンジが施された。

大型のシングルフレームやフロントヘッドライトにLEDポジショニングランプを組み込むことにより、フロントマスクはエレガントで個性的な表情を演出。リング状に点灯するテールランプのLEDは、緻密な先進技術の存在を主張しているとメーカーはうたっている。

インテリアでは助手席側ダッシュボードにウッドパネルを採用。スイッチボタンの意匠変更、新色の設定など室内の快適性をさらに高めるための改良が施された。
マルチメディアインターフェイス(MMI)は、40GB HDD、7インチVGAディスプレイ、Bluetoothハンズフリーシステムを装備する新型を採用している。

安全デバイスとして、走行中に車線をはみ出しそうになるとステアリングホイールを振動させてドライバーに注意を促す、アウディ レーンアシストを新たに装備。また、車線変更を安全に行えるよう、並走する車両を絶えず監視し、必要に応じドライバーに危険を知らせる、アウディ サイドアシストも設定された。これらはアダプティブ クルーズコントロールとセットでオプションとなる。

エンジンは従来型のV6 3.6LとV8 4.2Lをキャリーオーバー。ただし細部の改良と新機構の採用により、環境性能の向上が図られている。V6エンジンの10・15モード燃費は従来型より7%アップの7.6km/L。V8エンジンは7.5%アップの7.2km/Lとなった。

また、パワートレインにはブレーキエネルギー回生システムが採用された。制動時および一定速度での走行時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、変換された電力をバッテリーに蓄えることで、オルタネーターの動作を抑制させ、燃費向上に寄与するという。

価格はV6Lエンジン搭載の 3.6 FSI クワトロが740万円。V8エンジン搭載の4.2 FSI クワトロが970万円。エアロパーツ等スポーティな装備が施されたS-line exclusiveも用意される。
グレード3.6 FSI クワトロ4.2 FSI クワトロ
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)5085×1985×1740
ホイールベース(mm)3000
車両重量(kg)22702350
乗車定員(人)7
エンジン種類V6DOHCV8DOHC
総排気量(cc)35944163
最高出力[kW(ps)rpm]206(280)/6200257(350)/6800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]360(36.7)/2500-5000440(44.9)/3500
10・15モード燃費(km/L)7.67.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/100
車両本体価格(万円)740.0970.0
■発表日:平成21年9月30日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027