新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーリス 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーリス 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/10/20)

バルブマチックの採用で燃費性能が向上

トヨタ オーリス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真の新色、シルバーメタリックを含む全7色
VWゴルフやプジョー308など強豪ひしめく欧州Cセグメント市場で、奮闘する5ドアハッチバック、トヨタ オーリスにフェイスリフトを含むマイナーチェンジが施された。

エクステリアでは、エンジンフード、ヘッドランプ、フロントのグリル・バンパー・スポイラー、リヤのコンビネーションランプ・バンパー、アルミホイールなどのデザインに変更が施された。先進的でスポーティ感を強調したデザインが目指されている。また、一部グレードを除き、サイドターンランプ付ドアミラーも装備された。

1.8L車に、高い動力性能と優れた環境性能を両立した新世代エンジン動弁機構、バルブマチックが採用されている。Super CVT-i装着車には、パドルシフトを標準装備。また1.8Lエンジンに6速MTを搭載した、RS グレードが新設定された。さらに1.5L車はエンジン・トランスミッション・オルタネーターなどの制御を改良、燃費性能の向上が図られた。

これらにより、1.8L車の10・15モード燃費はFF車で+1km/Lの17.8km/L、1.5L車のFF車は+1km/Lの18.6km/Lを実現している。

1.8L車は「180G“S package”」(2WD)で『平成22年度燃費基準+25%』、「RS」・4WD車で『平成22年度燃費基準+15%』を達成。1.5L車も『平成22年度燃費基準+15%』を達成した。これにより、自動車取得税・自動車重量税の減税措置対象グレードの拡大が図られた。

価格は1.5L FF CVTの150Xが162万2000円から1.8L 4WD CVTの180G S packageの233万1000円まで。

グレード150X180G S packageRS
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT6MT
全長×全幅×全高(mm)4245×1760×15154245×1760×15304245×1760×1505
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)124013701270
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)14961797
最高出力[kW(ps)rpm]81(110)/6000100(136)/6400108(147)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4400167(17.0)/4400180(18.4)/4,000
10・15モード燃費(km/L)18.615.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/50プレミアム/50
車両本体価格(万円)162.2233.1201.4
■発表日:平成21年10月13日 ■取り扱い:ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027