新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス LS460/600h 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス LS460/600h 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/10/19)

安全・快適装備を充実化、さらに2モデルを追加した

レクサス LSシリーズ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、LS460シリーズが、新色ラピスラズリマイカなどを含む全10色、LS600hシリーズは写真のブラックオパールマイカを含む全11色
レクサスブランドの最上級モデル、LSシリーズに内外装のリファインを含むマイナーチェンジが施された。すり傷に対し高い耐性をもつ新開発のクリア塗装、セルフリストアリングコートの採用をはじめ、安全・快適装備を一段と充実するなど、高級車のあるべき姿が追求されている。

エクステリアでは、フロントグリル、ヘッドランプ、バンパーおよびリヤのコンビネーションランプ、バンパー、18インチアルミホイールのデザインが変更された。また、サイドターンランプ付ドアミラーが採用されている。LS460シリーズはよりダイナミックに、 LS600hシリーズはよりモダンなスタイルへと、それぞれの個性を強調したようだ。

安全装備も充実された。むち打ち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレストや、対向車や先行車に加え周囲の明るさなどの状況を認識してハイビーム/ロービームを自動的に切り替えるオートマチックハイビームは全車に標準装備。また、一部グレードには、夜間走行時のドライバーの視覚を支援するナイトビューがオプション設定されている。また、プリクラッシュセーフティシステムの一環としてドライバーの眼の開閉状態を検知する機能が追加されるなど先進の安全性能が追及された。

また今回のマイナーチェンジを機に、新たに2種類のシリーズが設定されているのもトピックだ。ひとつは460シリーズをベースに、トランスミッションやサスペンションに専用チューンを施し、専用の高性能ブレーキや19インチ鍛造アルミホイールなどにより、走りの楽しさを追求したLS460 Version SZ、および同I package。これには、専用のフロントグリルやアンダースポイラー等も装備されている。

もうひとつは460LおよびLS600hLをベースに、最上級仕様としてリヤシートリラクゼーションシステム(左後席)を標準装備されるなど、後席の『おもてなし』を充実させたVersion UZシリーズだ。4人乗り仕様では、本木目と本革の格納式テーブルを採用した後席大型センターコンソールや、天井付9インチ高精細ディスプレイを採用したリヤシートエンターテイメントシステムを標準装備。5人乗り仕様では前席センターコンソール後部に9インチ高精細ディスプレイを設けたリヤシートエンターテイメントシステムが標準装備される。

価格は460シリーズで、FRのベースモデル、LS460の796万円から、4WDでロングホイールベースのVersion UZの1247万円まで。
LS600hシリーズはベースモデル、LS600hの1000万円から、ロングホイールベースのVersion UZの1550万円まで。

グレードLS460LS460L version SZLS600hLS600hL version UZ
駆動方式FR4WD
トランスミッション8ATCVT
全長×全幅×全高(mm)5060×1875×14655180×1875×14755060×1875×14755180×1875×1475
ホイールベース(mm)2970309029703090
車両重量(kg)1940208022302390
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCV8DOHC+モーター
総排気量(cc)46084968
最高出力[kW(ps)rpm]283(385)/6400290(394)/6400+165(244)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]500(51.0)/4100520(53.0)/4000+300(30.6)
10・15モード燃費(km/L)9.18.712.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/84
車両本体価格(万円)796.0910.01000.01550.0
■発表日:平成21年10月16日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027