新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ SAI 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ SAI 【新型車】 / navi

(2009/10/21)

時代が求める「現代版小さな高級車」が目標
ふたつの「SAI」がコンセプトの4ドアセダン

トヨタ SAI|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のアクアマイカメタリックを含む全7色
コンセプト
「才」と「彩」ふたつのSAIがキーワード
これからの社会にふさわしいサイズ感の高級車
レクサスHSのトヨタ版となるハイブリッドカーが登場した。環境問題や石油資源の枯渇問題などを抱える世の中において、これからの社会にふさわしいサイズ感も合わせもった高級車を目指して開発された4ドアセダンだ。

「才」と「彩」ふたつの「SAI」をキーワードに開発は進められた。
「才」は優れた環境・安全性能を有する才能を意味する。HSと同じハイブリッドシステムの採用はもちろん、様々な環境性能を身につけ、また安全運転支援から救助まで、全方位的な安全性を有することが目標とされた。

「彩」には、上質感をお洒落・シックに演出する彩りの意味がある。革新的な造形を生み出す先進性が上質であり、質感には前述のお洒落さ、シックさが追求された。走り始めた瞬間から高級車を感じさせる静粛性や乗り味も目指されている。
内外装
優れた空力性能を誇るエクステリア
先進の機能と操作性を備えたコクピット
エクステリアは、品格ある美しいセダンスタイルと、空力性能に優れた先進のトライアングルシルエットの融合が目指された。トランクリッドのパネル接合にレーザー溶接が使われている。また、空気抵抗を低減させるルーフ形状やボディ床下のフルカバー化など、トヨタ独自の「エアマネージメント」により、空力性能にも配慮された。その結果、CD値はクラストップレベルの0.27を達成している。

インテリアもふたつの「SAI」による新時代の上質さが追及された。最大のトピックは、ナビやエアコンなどを直感的に操作できるリモートタッチがトヨタブランドでは初採用されたこと。さらに、ステアリングスイッチにより、頻度の少ない操作部を普段は格納することで、すっきりとしたセンタークラスターが実現されている。また、地デジ対応のHDDナビは全車に標準装備される。助手席側にも温度設定スイッチを配したデュアルオートエアコンの採用も新時代の高級車にふさわしい装備だろう。

環境性能の一環として、室内表面積の約60%に植物資源が原料のエコプラスチックが採用された。リサイクル材からなる防音材や、アンダーカバーに、回収バンパーリサイクル材が配合されたリサイクルプラスチックが使用されている。また、ドライバーにエコ運転を促す、ハイブリッドシステムインジケーターやエコモードスイッチなどを装備。さらにドライバーが楽しみながらエコドライブを継続できるようにサポートする「ESPO」も搭載されている。
バリエーション
ハイパワーと低燃費を両立した
2.4Lハイブリッドシステム
パワートレインは1種類。高効率で燃費のよいアトキンソンサイクルを採用した2.4Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムが搭載された。同排気量クラストップレベルの動力性能を確保しながら、10・15モード燃費は23km/Lという低燃費を実現している。このユニットは、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。さらに「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している。

装備の違いにより、ベーシックグレードの「S」と上級グレードの「G」が用意される。「S」でも前述の通り、HDDナビや運転席8ウェイ電動シートは装備される。「G」はLEDのヘッドランプや10スピーカー、5.1chのスーパーライブサウンドシステム、18インチアルミホイールなどが追加される。また両グレードともにセットオプションとして、プリクラッシュセーフティシステムなど安全装備を追加したASパッケージが用意される。
価格は「S」の338万円から「G“ASパッケージ”」の426万円まで。
POINT
1空力性能が追求された
クラストップレベルのCD値0.27を達成
トヨタ SAI リアスタイル|ニューモデル速報
2ドライバーのエコ運転を支援する
各種インジケーターも装備される
トヨタ SAI インパネ|ニューモデル速報
3前席シートバックを薄型化
後席の快適性と乗降性にも配慮
トヨタ SAI シート|ニューモデル速報
4リモートタッチの採用で
直感的にナビやエアコンを操作できる
トヨタ SAI リモートタッチ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS

グレードSG“ASパッケージ”
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4605×1770×14954615×1770×1495
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)15701590
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)2362
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6000+105(143)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]187(19.1)/4400+270(27.5)
10・15モード燃費(km/L)23.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55
車両本体価格(万円)338.0426.0
■発表日:平成21年10月20日 ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラー店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027