新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ キザシ 【新型車】 / navi

クルマニュース

スズキ キザシ 【新型車】 / navi

(2009/10/22)

スズキのフラッグシップCセグメントカー
世界戦略も視野に入れた高品質を実現

スズキ キザシ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のプレミアムシルバーメタリックを含む全3色
コンセプト
世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する
スズキが見せる新たなキザシ
感性に応える爽快な走りを追求したCセグメントプレミアムセダンがスズキ キザシだ。欧州・北米で走行テストを重ね、スポーティーなハンドリングと快適な乗り心地の両立を目指し、開発が進められたこのモデルが満を持してデビューを果たした。車名のキザシとは、スズキが「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する」という想いを込めたもの。新しいフラッグシップモデルとして、北米市場にも投入が予定されている。
内外装
スポーティーで力強いエクステリア
精緻で上質なインテリア
エクステリアはスポーティで力強いデザインが目指された。ヘッドランプからリヤコンビランプまで張りのあるショルダーラインが取り入れられ、車格感のある力強さが実現されている。つまみ上げられたようなトランクリッドのデザインにより、抑揚を持たせ空力特性と造形美の両立が図られた。リヤバンパーの一部に組み込まれたマフラー後端にはステンレス製のカバーを採用。スタイリッシュなリヤデザインを印象付けている。
インテリアは、精巧で緻密なデザインのセンターコンソールやサテンメッキのインパネ加飾など、スポーティーでありながら工芸品を思わせるインテリアとしたという。フロントシートはダブルステッチを取り入れた本革製。サポート性を高めながらも圧迫感を感じさせない形状が採用された。さらに車体各部には、吸音・遮音対策を施され、静粛性を高めている。遮音とは相対する車体の軽量化との両立も図られた。その他にも不快な低周波の低減が目指されたデュアルマフラーが採用されるなど、各部に音振対策が施され、フラッグシップセダンに相応しい静粛性が確保されている。
バリエーション
2.4Lの直4にCVTを組み合わせた
1グレードのみで受注生産となる
エンジンは、可変吸気システム等が組み込まれ、最高出力138kW(188PS)、最大トルク230N・m(23.5kg・m)を発生する2.4Lの直4DOHCが採用された。組み合わされるミッションは、CVTとなる。駆動方式はFFと4WDが用意される。4WDシステムと電動パワーステアリングを協調制御する、車両運動協調制御システムが採用された。
安全装備も充実しており、スズキ初となる9エアバッグが標準装備される他、高強度のキャビン構造で乗員を守る軽量衝撃吸収ボディー[TECT]の採用。タイヤの横滑りやスリップを抑える車両走行安定補助システム、ESPも標準とされた。 1グレードの受注生産車となる。価格は、FFが278万7750円、4WDが299万7750円
POINT
1ピックアップされたトランクは
空力と造形美の両立を実現
スズキ キザシ リアスタイル|ニューモデル速報
2パドルシフトを標準装備
i-AWDは前後輪に駆動を適切配分
マスズキ キザシ インパネ|ニューモデル速報
3運転席は10ウェイパワーシート
左右独立デュアルオートエアコンも採用
スズキ キザシ シート|ニューモデル速報
4エスクードと同じ2.4Lだが
出力とトルクともにアップ
スズキ キザシ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードキザシ
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4650×1820×1480
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1490
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2393
最高出力[kW(ps)rpm]138(188)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]230(23.5)/4000
10・15モード燃費(km/L)12.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/63
車両本体価格(万円)278.775
■発表日:平成21年10月21日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店(受注生産)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027