新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ シビック TYPE R EURO 【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ シビック TYPE R EURO 【新型車】 / navi

(2009/11/06)

待望の日本デビューを果たした
欧州育ちの運動性能が魅力のプレミアム・スポーツ

ホンダ シビックTYPE R EURO|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のミラノレッドを含む全3色
コンセプト
エキサイティングかつ、洗練された走行性能
大人のためのプレミアム・スポーツ
欧州で販売されるシビック3ドアハッチバックが、ようやく日本逆上陸となった。現地で展開されるシリーズの内、走りの頂点にあたるモデルがこのTYPE R EUROだ。
パワートレーンには、2L 自然吸気の専用エンジンが採用されている。組み合わされるトランスミッションは、レスポンスの良い6速MT。ボディは軽量化と高剛性化の両立が図られた。また、専用のサスペンションや18インチタイヤなどにより、高い動力性能を実現したという。さらに、メッシュグリル、エアロガーニッシュ、テールゲートスポイラーなど専用のエアロパーツが装備されている。大型エンジンアンダーカバーやフロアアンダーカバーなどフロア下全体の整流による空力効果にも配慮がなされている。日本には同じシビックの4ドアセダンのTYPE Rが存在するが、レーシーな4ドアとは異なり、こちらは「走る楽しさを徹底追求したスポーツモデル」に位置づけられている。
内外装
エクステリアはアスリートボディがコンセプト
大人の感性に響くインテリア
デザインコンセプトは「鍛えぬかれたアスリートボディ」。前述の空力性能とスタイリングのベストバランスが追求された。歴代スポーティモデルに施されるアイコン、TYPE Rの証しである赤いHondaエンブレムも採用される。また、専用の「CIVIC TYPE R EURO」エンブレムなど、走りのモデルをアピールする演出が各所に施されている。
室内は、3本スポーク小径本革巻ステアリングホイール、アルミ製・球形シフトノブ、メタル製スポーツペダル&フットレストなどドライバーをやる気にさせる装備が採用された。専用のHonda R specシートは、ドライバーを面全体で包むように開発されている。スポーツ走行を楽しめるホールド性と長距離走行での快適性を両立するという。また、メーターパネルにも専用の「i-VTEC/REVインジケーター」を装備。これは高速走行時でも視線移動を少なく、運転に集中できるように、エンジン回転数に応じて段階的にランプを点灯させるものだ。
バリエーション
平成17年排出ガス基準を達成した、2L i-VTEC
軽量・高剛性が目指されたボディ&シャシー
2L i-VTECエンジンは、圧縮比の設定やポート表面を滑らかにするなどの工夫が施された。これら、吸排気系やバルブタイミングの最適化などにより、最高出力148kW〔201PS〕、最大トルク19.7kg・mという高回転、高出力を達成。また、乗員のストレスとなる騒音や2次振動の低減が図られた。音にも配慮がなされ、吸気系による加速エンジン音の演出と合わせて洗練された回転の伸び感を実現したという。このエンジンは平成17年排出ガス基準を達成している。さらに、ユニットには、ドライブ・バイ・ワイヤ、専用インテークマニホールドなど走りに特化した装備も追加。出力とレスポンスの両立や、実用域のトルクなどにも目が向けられている。
2L i-VTECと6速MTを組み合わせたモノグレードで、価格は298万円。2010台の限定販売だ。
POINT
1独創的かつスタイリッシュで
洗練されたフォルムが目指された
ホンダ シビック TYPE R EURO リアスタイル|ニューモデル速報
2エンジン回転をランプで知らせる
i-VTEC/REVインジケーターを装備
ホンダ シビック TYPE R EURO インパネ|ニューモデル速報
3ドライバーを面全体で包む
専用のHonda R specシート
ホンダ シビック TYPE R EURO シート|ニューモデル速報
4専用の2L i-VTECは
出力とレスポンスを両立
ホンダ シビック TYPE R EURO エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードシビック TYPE R EURO
駆動方式FF
トランスミッション6MT
全長×全幅×全高(mm)4270×1785×1445
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)1320
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1998
最高出力[kW(ps)rpm]148(201)/7800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]193(19.7)/5600
10・15モード燃費(km/L)11.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)298.0
■発表日:平成21年11月5日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027