新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/11/18)

6代目ゴルフ譲りの新デザインを採用、全車エコカー購入補助金対象に

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のディープブラックパールエフェクトを含む全7色
2009年4月に登場した6代目ゴルフを受けて、ヴァリアントもマイナーチェンジとなった。6代目ゴルフ譲りのボディデザイン、高い静粛性、インテリアの質感向上、燃費の向上など、各方面が進化。高品質で実用性の高いステーションワゴンに仕立てられている。

グレードは3つ。まず122ps/200Nmを発生する1.4LDOHCターボを積む、TSI Trendline(トレンドライン)。同じ1.4LDOHCながら、ターボ+スーパーチャージャーで武装、160ps/240Nmを発生する、TSI Comfortline(コンフォートライン)。最上位に2LDOHCターボを搭載する、2.0TSI Sportsline(スポーツライン)が用意される。

エクステリアは、ゴルフと同様の、シンプルで明快なフロントフェイスが与えられた。コンフォートライン以上では、シャープなイメージを与えるバイキセノンヘッドライトが標準装備される。さらにスポーツラインは17インチのアルミホイールやクロームのルーフレールで彩られるなど、スポーティなイメージが施された。

インテリアは、オーディオパネルと連動したエアコンのコントローラーや、レザー3本スポークステアリング、ソフトなダッシュボードなど、ゴルフ譲りの高い質感とソフトな触感の部品を数多く採用。フロントガラスには遮音性の高いシートを挟み込み、より静粛性の高い室内空間が目指された。さらにスポーツラインでは、運転席8ウェイの電動レザーシートが装備される。

最大のトピックは、燃費性能の向上が図られ、全モデルがエコカー購入補助金の対象になったことだろう。ちなみに、トレンドラインの10・15モード燃費は先代モデル比+11%の16.8km/Lを実現。コンフォートラインは16.2km/L、スポーツラインも12.2km/Lといずれのモデルも向上を果たしている。

価格は1.4L DOHCターボと7速DSGの組み合わせによるTSI Trendlineの272万円から、2.0Lターボと6速DSGの組み合わせからなるTSI Sportslineの383万円まで。

グレードTSI TrendlineTSI Comfortline2.0TSI Sportsline
駆動方式FF
トランスミッション7AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4545×1780×15304545×1780×1510
ホイールベース(mm)2575
車両重量(kg)137014201520
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ直4DOHC+ターボ+スーパーチャージャー直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)13891984
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000118(160)/5800147(200)/5100-6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1500-4000240(24.5)/1500-4500280(28.6)/1700-5000
10・15モード燃費(km/L)16.816.212.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/55
車両本体価格(万円)272322383
■発表日:平成21年11月17日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027