新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フーガ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 フーガ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/11/20)

セダンの魅力を改めて高めることを目指した
2代目、日産のフラッグシップセダン

日産フーガ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、ディープブランズやグレイッシュブルー、ガーネットブラック等全7色が用意される
コンセプト
日産の目指す高級セダンを実現
高性能と環境性能を両立させたエンジン
世界で戦うフラッグシップセダンのポジションを新たな高級車像で具現化した日産フーガが、5年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。

エクステリアはFRセダンのもつ魅力と、安定感のあるデザインが目指されている。室内も高級素材が盛り込まれており、日産の目指す最高級セダンが具現化された。エンジンは、排気量の違う2種類のV6DOHCを搭載。3.7Lエンジンは同社のフェアレディZと同じ、VVEL(バルブ作動角・リフト量連動可変システム)付きを採用。鋭いレスポンスと333psの高出力と、363N・mの高トルクで、意のままの加速を実現すると同時に、実用燃費の向上と排出ガスのクリーン化にも配慮されたユニットだ。

もうひとつの2.5Lは最高出力225ps、最大トルク258N・mを発生。シャープな吹け上がりと加速を実現しながらも、クラストップレベルの12.2km/L(250GT)の燃費性能を達成している。2.5L車はエコカー減税対象となる。
内外装
FRらしいロングノーズのエクステリア
五感で感じる質の高さが目指された室内
エクステリアは、ロングフードで、後輪に重心のかかったFR車ならではの普遍的で美しいプロポーションが目指された。また、低いノーズや張り出したフェンダーと大径タイヤにより、安定感が演出されている。スポーティグレードの370GT TypeSには、勢いを強調した専用フロントバンパーと大径でスポーティな20インチアルミホイールが採用されている。

インテリアは、新素材の採用が注目される。370VIPに用意されるプレミアムインテリアでは、柔らかい触感と自然な風合いのセミアリニン本革がシート等に採用。また、既存の素材と比べ人間が心地よいと感じる柔らかさと滑らかさを持つというソフィレスなど、厳選された素材を用意。そのほか、職人が純銀粉を手で刷り込む特殊加工で、木目を華やかに際立たせた銀粉本木目フィニッシャーも採用された。

快適装備としては、汚い空気をシャットアウトしてクリーンな空気やアロマ、ゆらぎ風による気持ち良い森のような空間を演出するフォレストエアコンが、世界で初めて採用された。
バリエーション
ダブルピストン構造採用モデルや
3.7L車には4WDも用意された
ミッションは、両エンジンともに7速AT。このミッションは、オプションのカーナビやレーダーからの情報をもとに、カーブや交差点、前車との距離など、走行環境に応じて変速タイミングとロックアップ領域を最適化。燃料カット頻度を増加させ、エコドライブをアシストするナビ・レーダー協調制御が採用されている。

旧型の後期に採用されたエコペダルも370VIPに用意。ECOモードを選択時に作動し、5%〜10%程度の燃費が向上するという。

リヤサスペンションは新たに開発され、インシュレーターの剛性を低くすることでロードノイズが大幅に軽減された。また、リンク配置の最適化により、荒れた路面での突き上げ感を大幅に改善するとともに全車速域で高い操縦安定性を実現しているという。

さらに370GT TypeSには、スポーツチューンドサスペンションが、また370VIPにはコンフォートサスペンションが用意される。いずれのセッティングもダブルピストン構造が採用され、路面からの入力の周波数に応じて減衰力をコントロール。体の大きな揺れと背中や足で感じるゴツゴツした振動の両方を抑え、乗り心地を向上させている。

そのほか、日産初となる車両統合制御システムが全車に標準装備された。通常走行に適したSTANDARDモード、スムーズな発進やアクセルワークが安定した巡航などで、燃費向上を狙ったECOモード、パワートレインのレスポンスを高めてコーナリングスタビリティーアシストや4WASの特性を変更し、スポーティなドライビングが楽しめるSPORTモードの3通りがある。

駆動方式はFRのほか、3.7L車には4WDも用意された。価格は2.5L エントリーグレード、250GT A Packageの399万円からの370VIPの550万2000円まで。
POINT
1FRらしい安定感が目指された
エクステリアデザイン
日産 フーガ リアスタイル|ニューモデル速報
2デザインに統一感を持たせた
五感に訴える上質なインテリア
日産 フーガ インパネ|ニューモデル速報
3世界初採用の快適装備
フォレストエアコンを採用
日産 フーガ シート|ニューモデル速報
4車両統合制御システムにより
走行シーンに合わせた走りを演出
日産 フーガ 車両統合制御システム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード250GT A Package370GT Four370GT Type S370GT VIP
駆動方式FR4WDFR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4945×1845×15004945×1845×15154945×1845×15004945×1845×1510
ホイールベース(mm)2900
車両重量(kg)1690181017501760
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)24953696
最高出力[kW(ps)rpm]165(225)/6400245(333)/7000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]253(26.8)/4800363(37.0)/5200
10・15モード燃費(km/L)12.29.29.510.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/80
車両本体価格(万円)399.0478.8492.45550.2
■発表日:平成21年11月19日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027