新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ 上級ミニバン(エリシオン後継車)【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ 上級ミニバン(エリシオン後継車)【スクープ!】 / navi

(2009/11/26)

調査報告書 2009年11月
File No.007

ホンダ 上級ミニバン(エリシオン後継車)

※2009年11月26日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ 上級ミニバン|ニューモデル速報
ホンダ エリシオン|ニューモデル速報トヨタ アルファード|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2010年12月
●全長x全幅x全高:4850×1825×1875(mm)
●搭載エンジン:2.4L直4ほか
ライバル車に見劣りしない背高シルエットを獲得

発売1カ月での受注台数が、約1万8000台と好評な4代目ステップワゴン。ホンダもひと安心といったところだろう。次の一手となるのが、今回ご紹介するエリシオン後継の上級ミニバンだ。

2004年5月に発売されたエリシオン(写真右上)は、高級クルーザーをモチーフにしたスマートなデザインのミニバンだ。ライバル車のような、押し出しの強いデザイン(写真右下、トヨタ アルファード参照)を嫌うユーザー層を狙ったのだが、販売は低迷。1000台/月レベルに落ち着いた。2008年のガソリン高騰の折には、750台/月まで落ち込んでいる。

このクラスを買う顧客は、デカい=偉いというわかりやすさを求める傾向がある。スマートさを追求し、他車より全高を10cmも低くしたエリシオンは、居住性やラゲージスペースの収納性で見劣りしてしまったのだ。

現在、開発中のエリシオン後継の上級ミニバンだが、おそらくライバル車に近い路線にすり寄ることになるだろう。つまり、低床プラットフォームはそのままに全高をアップ。室内空間の広さやシートの豪華さが追求されていくに違いない。

また、外観も現行モデルの反省が生かされ、存在感を打ち出したものになりそうだ(写真左 予想イラスト)。中国市場への輸出も検討されているとなると、立派で見栄えのするデザインは、かの地の志向にも合うことになる。

パワートレインだが、先進的なイメージと静粛性を狙って、ハイブリッド仕様が用意される可能性もある。燃費性能の良さはいまや必須条件だ。2010年末ともいわれている発表が楽しみだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027