新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ タントエグゼ【新型車】 / navi

クルマニュース

ダイハツ タントエグゼ【新型車】 / navi

(2009/12/25)

質感の高い、広々リラクゼーション空間
大人のためのスタイリッシュなタントが登場

ダイハツ タントエクゼ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色シルキーゴールドクリスタルマイカメタリックを含む全8色
コンセプト
「大人のタント」がコンセプト
モアスペースとエコを両立
子育てママを応援するモアスペース系軽自動車、タントは月販1万台を超える、ダイハツの大人気モデル。このタントをベースに、大人同士ゆったりくつろいで心豊かに移動できる車を目指したモデルが、このタントエグゼになる。

Exeとは、エグゼクティブを意味するものではなく、Emotional×Elegant Design(情緒的×優雅なデザイン)やExceed×Excellent Ecology(超越×優れた環境技術)など複数のE×(かける)Eを表現しているという。

ボディは「モアスペースであってもエコであるべき」を目標に開発された。その結果、構造の最適化による軽量化が図られている。エンジンやトランスミッション制御の最適化とあわせて、クラストップレベルの10・15モード燃費、21.5km/Lを実現。エコカー減税およびエコカー補助金にも適合するなど、スモールカーならではのすぐれた環境性能も追求された。
内外装
広さと躍動感の両立が目指されたエクステリア
上質・モダンが演出された広大な室内
エクステリアは、広さと躍動感を両立させた「スタイリッシュ・スペーシャスフォルム」を実現したという。傾斜させたフロントピラーを、ゆるやかに弧を描くルーフラインとなめらかにつなげることで、流麗なサイドシルエットが演出されている。ブラックアウトされたB・C・Dピラーや、キックアップしたサイドのアクセントラインにより、躍動感の強調が図られた。なお、リヤドアはタントのようなスライドタイプではなく、普通のヒンジ式のものが採用されている。

インテリアは、タント譲りの広い室内はそのままに、センスと質感を高めたインテリアが目指された。凹凸感のない滑らかなインストルメントパネルや左右へ大きくラウンドしたアクセントラインなど、洗練された印象を与える工夫が施されている。シートはソファのような座り心地とメーカーがうたう、光沢のあるシート表皮の4席グラマラスコンフォートシートが採用された。
バリエーション
クール&プレミアム仕様の
「カスタム」も用意される
ボディは通常のエグゼシリーズと、エアロパーツ仕様のカスタムがラインナップされている。こちらはフロントエアロバンパーやサイドストーンガードなどを装備。ヘッドランプは特徴的なアウトラインを持つ4灯タイプのものが採用される。フロント/リヤともにメッキガーニッシュが装備されるなど、素のエグゼとは違った上質感の演出が施された。インテリアもブラック基調の落ち着いた配色となっている。

エンジンは、658ccの直列3気筒DOHCで、カスタムシリーズの上位グレードには、ターボ仕様も用意される。駆動方式はFFと4WDを用意。FF車はCVT、4WD車は基本的に4ATで、最上級のRSのみCVTとの組み合わせになる。

価格はエントリーグレード、FFとCVTとの組み合わせによるExe「X Special」の113万円から、4WDとCVTを組み合わせたカスタム「RS」の169万1000円まで。
POINT
1広さと躍動感の両立が目標
後席ドアは通常のヒンジ式を採用
ダイハツ タントエグゼ リアスタイル|ニューモデル速報
2凹凸感のない滑らかなインパネは
上質さと広々感を強調
ダイハツ タントエグゼ インパネ|ニューモデル速報
3ソファのような座り心地という
グラマラスコンフォートシート
ダイハツ タントエグゼ シート|ニューモデル速報
4エアロ仕様のカスタムも用意
ターボもラインナップされる
ダイハツ タントエグゼ カスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードX SpecialカスタムSカスタムRS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT4ATCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1730
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)870930980
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/720047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/4000103(10.5)/3000
10・15モード燃費(km/L)21.518.219.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36レギュラー/34
車両本体価格(万円)113.0147.1169.1
■発表日:平成21年12月24日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027