新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱ギャランフォルティススポーツバック【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

三菱ギャランフォルティススポーツバック【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/12/25)

セダン同様、燃費性能に優れた1.8Lエンジンを搭載

三菱ギャランフォルティススポーツバック|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のパッションオレンジパールを含む全7色
三菱のCセグメントセダンの世界戦略モデル、ギャランフォルティスに欧州で人気の5ドアハッチバックボディを与えた、ギャランフォルティススポーツバックにマイナーチェンジが施された。

主な変更点は、従来型モデルが搭載していた2Lエンジンを燃費に優れる1.8Lエンジンに変更したこと。その結果、10・15モード燃費がFF車で15.0km/h。4WD車は13.8km/hに向上。FF車はエコカー減税に適合となった。

インテリアでは、ハイコントラストメーターや、カラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイが採用されるなど、視認性の向上が図られた。また、車速やアクセルの踏み込み量などから燃費に良い運転状態を判定してドライバーに低燃費運転を促す、ECOランプが新設されている。さらにメッキパーツや、一部グレードをのぞき、室内の静粛性を向上させる遮音ガラスを採用。本革シートを上級グレードにオプションで用意するなど、質感の向上も図られている。

安全装備としては、急減速時やABS作動時にハザードランプを通常の約2倍の周期で点灯させて後続車に注意を促す、エマージェンシーストップシグナルシステムが装備された。またラリーアートには、坂道でのスムーズな発進をサポートするヒルスタートアシストが採用されている。

1.8Lモデルは従来より価格が若干下がってエントリーグレードのツーリング(2WD)の189万円から。またラリーアートは1万円上がって302万4000円となる。

グレードツーリングスポーツラリーアート
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT6AT
全長×全幅×全高(mm)4585×1760×1515
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)137014001580
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)17981998
最高出力[kW(ps)rpm]102(139)/6000177(240)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]172(17.5)/4200343(35.0)/3000
10・15モード燃費(km/L)15.010.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/59プレミアム/55
車両本体価格(万円)189214.2302.4
■発表日:平成21年12月24日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
5
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
down
【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗(2019/03/11)
7
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
down
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
10
keep
大人の雰囲気をまとったホンダ フィット Modulo style。走行性能は地道な改善のたまものだ(2019/01/31)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027