新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A5スポーツバック【新型車】 / navi

クルマニュース

アウディ A5スポーツバック【新型車】 / navi

(2010/01/14)

ハッチゲートを持つスタイリッシュな4ドアクーペ

アウディA5スポーツバック|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のアイスシルバーメタリックを含む全4色
アウディのミドルサイズシリーズ、A5に新たにリヤゲートを持つ5ドアハッチバックモデルが加わった。A5クーペが持つエレガントな佇まいと、大きなリヤゲートを持つアバント(ステーションワゴン)の使い勝手の良さ、そして4ドアセダンの持つプレステージ性を実現しているという。

エンジンは、211ps/350Nmを発生する直列4気筒直噴ガソリンターボの2.0TFSI。低回転域からの強大なトルクによる力強い走りと、燃料消費量とCO2排出量の低減が図られた2Lエンジンになる。10・15モード燃費は12.0km/L、CO2排出量を193g/kmという高い環境性能を実現してる。

このエンジンには、エネルギー回生システムも採用された。制動時および減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、バッテリーに蓄えることで、オルタネーターの動作を抑制させる。このシステムも上記の燃費性能の実現に貢献している。

組み合わされるトランスミッションは、先進のデュアルクラッチ式「7速Sトロニック」。非対称/ダイナミックトルク配分の「クワトロ(フルタイム4WD)」との組み合わせにより、ダイナミックな走りと高い走行安定性の両立が図られた。

ラゲッジスペースは通常時480L、最大で980Lという大容量を実現。大面積のリヤゲートには2分割式のカバーも備えられている。

装備としては、アウディ独自のエンターテイメントシステムMMI(マルチメディアインターフェイス)が標準装備される。これは、HDDナビゲーションや12セグ地上デジタルTV、DVD/CDプレーヤー、SDカードリーダー、ミュージックサーバー、ETC、Bluetoothハンズフリーテレフォン機能などが搭載された最新タイプのものになる。

オプション装備も充実している。3台3種類(クーペ、ステーションワゴン、セダン)の走りを1台で実現する「アウディドライブセレクト」、「アダプティブクルーズコントロール」と安全な車線変更をサポートする「アウディサイドアシスト」、アウディA5スポーツバックの車内音響特性に合わせて専用にチューニングされた「バング&オルフセンサウンドシステム」などが用意されている。

2Lエンジンと7速Sトロニックの組み合わせによる4WDモデル1種類で、価格は575万円となる。

グレードA5スポーツバック
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4710×1855×1390
ホイールベース(mm)2810
車両重量(kg)1710
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1984
最高出力[kW(ps)rpm]155(211)/4300~6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350Nm(35.7kgm)/1500~4200r
10・15モード燃費(km/L)12.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/72
車両本体価格(万円)575
■発表日:平成22年1月13日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027