新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アテンザスポーツワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ アテンザスポーツワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

(2010/01/27)

内外装や走りの質感を高めたマイナーチェンジ

マツダ アテンザスポーツワゴン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のストーミーブルーマイカ、新色クリアウォーターブルーメタリックなど全8色
セダンのアテンザ、5ドアハッチバックのアテンザスポーツと同様にマツダのミドルサイズステーションワゴン、アテンザスポーツワゴンに環境・安全性能、走行性能などの性能面の向上、および内外装のデザインや質感の向上を含む、マイナーチェンジが施された。

フロントマスクは、マツダ車共通のデザインモチーフである5角形グリルに。またグリルには、スポーツと同様、従来よりも一回り大きなブランドシンボルマークを採用された。リアに関しても、スポーツと同様の変更を受けている。

インテリアや装備面もスポーツと同じくピアノブラックの加飾、クロームメッキを新採用。また本革シート、ハーフレザーシートも選択が可能。ステアリングのスイッチで各機能を調節するCF-Net(Cross Functional-Network)が、1機能につき1ボタンのシンプルな構造に変更されたほか、オーディオ、エアコン、外気温、トリップコンピューターなどの各種情報が、インパネ上方のインフォメーションセンターディスプレイに一元化されたのも、セダンやスポーツと同じ。

走行性能の改良も同様だ。パワーステアリングのアシスト特性を変更。サスペンションの最適化。車両応答性を穏やかにすることで、直進安定性と応答性に優れた安心感のある走りを図っている。

シングルナノ触媒、エコランプが全車に設定されたのもセダンやスポーツと同じ。フロントアクティブヘッドレストも標準装備する。

エンジンは2Lもしくは、2.5Lの直4DOHCで、どちらのエンジンもレギュラーガソリン対応となる。2Lエンジンは「環境対応車普及促進税制(50%減税)」および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象で、新たに4WD車も加わり、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」に適合となった。組み合わされるミッションはFF車が5AT、4WD車は6ATとなる。

価格は2Lエンジンで、FF 5ATを採用するエントリーグレード、20Cの250万円から、2.5Lエンジン、FFで5ATの最上級グレード、25EXの275万円まで。

グレード20C25EX25S
駆動方式FF4WD
トランスミッション5AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4765×1795×14504765×1795×1500
ホイールベース(mm)2725
車両重量(kg)145014801560
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)19982488
最高出力[kW(ps)rpm]112(153)/6200125(170)/6000122(166)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]189(19.3)/4500226(23.0)/4000225(22.9)/4000
10・15モード燃費(km/L)15.012.810.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/64レギュラー/60
車両本体価格(万円)225275273
■発表日:平成22年1月26日 ■取り扱い:マツダ店、アンフィニ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027