新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ パッソ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ パッソ【スクープ!】 / navi

(2010/02/04)

調査報告書 2010年2月
File No.023

トヨタ パッソ

※2010年2月4日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ パッソ +Hana|ニューモデル速報
トヨタ パッソ|ニューモデル速報トヨタ パッソ現行モデル|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2010年2月
●全長x全幅x全高:3640×1665×1535(mm)
●搭載エンジン:1L 直3、1.3L 直4
オリジナルと新シリーズ“+Hana”の2シリーズ展開となる

前回に引き続き、今回も直前情報をお伝えしよう。2010年2月15日に発表されるパッソブーンを俎上に載せたい。ダウンサイジング派はもちろん、軽自動車の購入を検討しているユーザーの獲得も視野に入れてのモデル変更となる。

企業や官公庁などの需要はもとより、女性ユーザーをも重視した仕立てとなるらしい。現行モデル(写真右下)の素朴で親しみやすい雰囲気はオリジナルと呼ばれる標準仕様(写真右上)に受け継がれる。

新たに導入される仕様は、「+Hana」と呼ばれる女性ウケを狙った、オシャレな雰囲気をまとったもの(写真左)。フォグランプ内蔵の専用バンパーとプロジェクター式ヘッドランプにより上質感を演出。ラジエターグリルの位置も低く、スタイリッシュに見えるのも標準仕様と違う点だ。リアコンビランプは標準仕様の赤レンズから差別化され、クリアレンズが採用されている。

インテリアでも差別化が図られる模様。「+Hana」では、ツートーンカラーでワンランク上の質感を実現。アイボリーとダークブラウンが採用される、チョコと呼ばれる室内色は、カフェのような空間を目指したものだという。シートはジャカード織りの表皮になるようだ。

エンジンは1Lと1.3Lの2種類。1LエンジンはCVTとの組み合わせにより、10・15モード燃費は22.5km/Lを達成。75%エコカー減税対象車に。1.3Lは従来のダイハツ製から、デュアルVVT-iを装備したiQと同じものを採用。10・15モード燃費は21km/Lで、こちらは50%減税の対象車となる。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027