新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ CR-Z【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ CR-Z【スクープ!】 / navi

(2010/02/18)

調査報告書 2010年2月
File No.025

ホンダ CR-Z

※2010年2月18日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ CR-Z|ニューモデル速報
ホンダ CR-Z リヤビュー|ニューモデル速報ホンダ CR-Z インパネ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2010年2月
●全長x全幅x全高:4080×1740×1395(mm)
●搭載エンジン:1.5L直4+モーター
待望の2+2ランナバウトクーペ

2007年の東京モーターショーでスタディモデルが披露されて以来、「走りのホンダ」を期待するファンの間で、もっとも待ち望まれていたモデルがこのCR-Zではないだろうか。2010年2月25日の発表日を待ちきれないという方に、直前情報を紹介する。

写真左は、量産仕様の確定写真だ。フロントには、異形ヘッドランプと個性的な台形グリルが配されて、ベースとなったインサイトとは、ひと味違うオリジナリティあるデザインが与えられている。

写真右上はリアビューの確定写真。バンパー下のディフューザー処理や16インチアルミホイールなど、コンパクトながらも迫力満点。ハッチゲート垂直面のエクストラウインドウとガラスルーフは2代目CR-Xを思い起こさせる。写真右下はインストルメントパネルの模様。各種スイッチをドライバーの手元に集約。タイトでスポーティな空間が演出された。

先述のとおり、2代目CR-Xを想起させるボディスタイリングだが、ただのスペシャリティクーペではないという。CR-Zとは「コンパクト・ルネッサンス・ゼロ」の頭文字。コンパクトカーの新たな方向性を示唆することがメインコンセプトなのだ。先頃行われた2010年東京モーターショーでのキャッチフレーズ「ないものを作れ」を具現化したモデルといえるだろう。

パワートレインは、114ps/14.8kg-mを発生する1.5Lのi-VTECエンジンと14ps/8.0kg-mの電気モーターによるハイブリッドシステムに6速MT、もしくはパドルシフト付きCVTが組み合わされる。気になる燃費性能は6速MTで22.5km/L、CVTは25.0km/Lをマーク。ハイブリッドによる軽快でスポーティな走りは、期待大だ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027