新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ブーン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ブーン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/02/16)

シンプルなデザインと使い勝手の良さを追求
低燃費化・低排出ガス化にも配慮されたコンパクトハッチ

ダイハツ ブーン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のパウダリーベージュメタリックを含む全9色
コンセプト
全車にCVTを搭載するなど環境性能を向上
FFモデルは全車エコカー減税・補助金の対象に
扱いやすいボディサイズや個性的なスタイル、広い室内空間などにより、幅広いユーザーから支持を得るコンパクトハッチバック、ブーンがフルモデルチェンジを果たした。
先代は、トヨタとの国内における初の共同開発車だったが、新型も共同開発を継続。全車にCVTが搭載されるなど、低燃費化・低排出ガス化を実現した上で、「素」の美しさを極めたシンプルなデザインと、使い勝手の良さを追求。なおかつリーズナブルな価格設定とされた。

もちろん、コンパクトカーとしての性能にも磨きがかかっており、軽自動車と同レベルの最小回転半径、4.3m(CLグレード)を実現。フロントピラー形状の工夫や、ガラスエリアの拡大、ヒップポイント高の引き上げなどにより、死角を減らすなど、全方位での優れた視界が確保されている。
内外装
素の美しさが魅力のシンプルなエクステリア
ナチュラルなリビング感覚のインテリア
スタイリングは、タイヤを四隅に配置した安定感のあるアンダーボディに、タマゴをイメージしたアッパーボディを傾斜して載せたという独創的なもの。シンプルながら上質で、飽きのこないデザインを目指したという。また、豊かな曲線と張りのある面構成により、立体感や躍動感の演出が図られている。

インテリアは、水平基調ですっきりとしたインストルメントパネルが採用された。アッパー部には部屋の壁紙からヒントを得た模様があしらわれている。また飽きのこない楽しさと、上質感を表現するため、丸や四角をモチーフにした操作部品が採用されている。上級グレードには、広々感を演出するフロントベンチシートが装備されており、直線基調ながら、端部に丸みを持たせ、リビングソファをイメージさせている。
バリエーション
排気量は1.0Lと1.3Lの2種類を用意
1.0Lのみ、駆動方式を選択可能
エンジンは、69ps/92N・mを発生する直列3気筒の1.0Lと95ps/121N・mを発生する直列4気筒1.3Lという2種類。1.0LモデルはFFか4WDか、いずれかの駆動方式を選択できる。10・15モード燃費は1.0LのFFモデルで、22.5km/L、4WDは19.2km/L。1.3Lは21.0km/Lとなる。先述の通り、FFモデルはエコカー減税・補助金の対象になっており、1.0Lは75%、1.3Lは50%の減免となる。

価格は1.0L FFのエントリーグレード「CL」の110万円から、同4WDの「CL “Limited”」の143万5000円まで。1.3Lの「CX」は138万円となる。
POINT
1タマゴをイメージしたボディ
ボディ四隅のタイヤが安定感を演出
ダイハツ ブーン リアスタイル|ニューモデル速報
2一眼の大径メーターを採用
飽きの来ないインテリアが目指された
ダイハツ ブーン インパネ|ニューモデル速報
3上級グレードには
フロントベンチシートを採用
ダイハツ ブーン シート|ニューモデル速報
4軽自動車並みの取り回し性
最小回転半径4.3mを実現
ダイハツ ブーン 最小回転半径|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード1.0 CL1.0 CL“Limited”1.3 CX
駆動方式2WD(FF)4WD2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3640×1665×1535
ホイールベース(mm)2440
車両重量(kg)910970940
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC直4DOHC
総排気量(cc)9961329
最高出力[kW(ps)rpm]51(69)/600070(95)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]92(9.4)/3600121(12.3)/4000
10・15モード燃費(km/L)22.519.221.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40レギュラー/38レギュラー/40
車両本体価格(万円)110.0143.5138.0
■発表日:平成22年2月15日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027