新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱RVR【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

三菱RVR【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/02/18)

優れた多用途性能と走行性能、環境性能を実現
ジャストサイズのコンパクトSUVがコンセプト

三菱RVR|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、カワセミブルーメタリックを含む全8色
コンセプト
全モデルがエコカー減税に適合
取り回し易さを実現したコンパクトボディ
ショートワゴンとして人気を博したRVRが、アウトランダーの弟分ともいえるコンパクトなSUVボディで8年ぶりに復活した。
全長4295mmのコンパクトなボディと、兄貴分のアウトランダーと同寸の2670mmのロングホイールベースにより、十分な居住性と優れた安定性、見晴らしの良いアイポイントによる取り回し易さを実現。SUVならではの走破性も兼ね備えられた。コンセプトは、あらゆるシーンにマッチするジャストサイズのコンパクトSUV。

搭載される1.8L DOHCエンジンはフリクションの低減が図られた。また制動時に発生するエネルギーをバッテリーにチャージすることで、オルタネーターの作動を抑えるエネルギー回生システムを採用。エンジン以外でも空力性能の向上やボディの軽量化など細部に及ぶ低燃費化技術が導入されている。これらにより、10・15モード燃費は、FFモデルで15.2km/L、4WDモデルでも15.0km/Lを実現。駆動方式を問わず、全モデルがエコカー減税に適合している。
内外装
前進感、躍動感を象徴したエクステリア
乗る人に優しい上質感を追求した室内
外観は、ギャラン フォルティスから採用されたジェットファイターグリルが特徴。精悍さや上質感を維持しながら、SUVの力強さ、押し出し感を演出している。前後オーバーハングが切り詰められたサイドビューはウェッジの効いたサイドラインと後方に緩やかに流れるルーフラインによって、前進感、躍動感を演出。さらに、クラストップの空力性能も実現しているという。

インテリアも同様にダイナミックな造形が与えられた。インストルメントパネルはセンターパネルを中心に前後左右から、ドアトリムまで新採用のソフトパッドで強調。躍動感、空間の広がりを演出している。また、部品の分割ラインを減らして、見た目の煩わしさを紛らわせるなどの工夫も施され、上質感の追求が図られた。

室内では、薄肉化されたフロントシートバックにより、後席の居住性が向上。その後席は6:4の分割可倒式が基本だが、上級グレードでは、アームレストスルーリッドも用意され、4名が搭乗した状態で、スキーや釣り具などの長尺ものの積載も可能になる。さらにA4サイズの雑誌も収納可能なグローブボックスも装備されるなど、SUVとしてのユーティリティ性能にも配慮されている。
バリエーション
FF/4WDモデルを用意
リーズナブルな価格を実現
パワートレインは先述の1.8Lエンジンと低燃費化とドライバビリティ向上の両立が図られた燃費向上レシオパターンを持つ6速CVTとの組み合わせとなる。上級グレードではパドルシフトも採用されている。燃費向上レシオパターンとは、アクセル開度や速度など、走行条件に合わせてエンジンの回転数を最適に制御する、燃費を向上させるデバイスだ。

駆動方式はFFと4WDから選択が可能。4WDシステムはアウトランダーなどにも搭載される電子制御式4WDを採用。燃費を重視した2WDモード、すべての路面状況において適切な4WD制御を行う4WDモード、より後輪への駆動力配分を増やし、雪道や悪路での高い走破性を発揮する4WDロックモードをセレクターにより選択が可能だ。このシステムでも、トランスファーに、低粘度オイルを採用するなど、燃費性能の向上が図られている。
価格はFFのエントリーグレード「E」の178万5000円から最上級グレード、4WD「G」の244万9650円まで。
POINT
1ダイナミックな造形ながらも
高い空力性能を実現
三菱RVR リアスタイル|ニューモデル速報
2新採用のソフトパッドは
上質さを演出
三菱RVR インパネ|ニューモデル速報
3前席シートバックを薄肉化
充実のユーティリティ性能を誇る
三菱RVR シート|ニューモデル速報
4低フリクション化されたエンジン
エネルギー回生システムも採用
三菱RVR エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードEMG
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4295×1770×1615
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)135014201430
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1798
最高出力[kW(ps)rpm]102(139)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]172(17.5)/4200
10・15モード燃費(km/L)15.215.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/63レギュラー/60
車両本体価格(万円)178.5218.4244.965
■発表日:平成22年2月17日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027