新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ CR-Z【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ CR-Z【新型車】 / navi

(2010/02/26)

インサイトから進化した1.5L i-VTEC+IMAを搭載
快適・安心・毎日使えるハイブリッドスポーツ

ホンダ CR-Z|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のプレミアムホワイト・パールを含む全7色
コンセプト
Emotional、Exciting、Smart
3つの価値を1台の車に凝縮
2007年、2009年と立て続けに、東京モーターショーでコンセプトモデルを公開、自動車ファンの注目を集めたハイブリッドスポーツ、CR-Zが発売された。
ネーミングの由来は「Compact Renaissance Zero(コンパクト・ルネサンス・ゼロ)」の略。従来のクーペの価値にとらわれず、新しいコンパクトカーを創造するという志のもと、原点に立ち返ってチャレンジするという意が込められたものだ。

「Emotional=見て、触れて、ときめく」「Exciting=積極的に走りたくなる」「Smart=エコで、使えて、自己を解放できる」の3つの価値を持つ車を目指されている。躍動感あふれる走り。スポーツ、ノーマル、エコの3モード走行を6速MTまたは、パドルシフト付CVTで楽しむ、新感覚&低燃費ドライブ。街中、ワインディング、高速道路とステージを選ばず、ドライバーの意のままに操れる俊敏かつ安定感のあるハンドリング。これらスポーティな走行性能に加えて、使いやすさと、高水準の安全性能・環境性能による日常性が追求された。
内外装
「低・短・ワイド」フォルムで躍動感を強調
ドライバーをやる気にさせるインテリア
エクステリアは、低全高、ショートホイールベース、ワイドトレッドによる「低・短・ワイド」フォルムが特徴的。スムースに隆起された前後のフェンダーと相まって、躍動感のあるワンモーションフォルムを目指した。また、低い位置に備えられた、存在感のある大開口のフロントグリルや横長のヘッドライト、フォグライトが組み込まれたロアダクトによるフロントフェイスは迫力あるものとなっている。
また、燃費性能向上のため、空力も追求されている。テールゲートを大きく傾斜させたエアロフォルムの採用や、ボディ下部もカバーによる最適な清流処理が施された。さらに、細かい部分まで見ていくと、フロントウインドウとの段差を小さくするべく、新構造のAピラーが採用されるなど、フラッシュサーフェス化も徹底されている。

室内はドライバーが安心、快適に走りを楽しめる空間設計とされた。メーターパネルは、デジタル表示のスピードメーターとアナログ表示のタコメーターを組み合わせた大径一眼メーターを中心に水平基調のバー表示とした計器類をレイアウト。ハイブリッドならではの低燃費運転の状況、平均燃費、燃費履歴などを切り替えて表示するマルチインフォメーションディスプレイも備えられた。
さらに、ステアリングホイールから手の届きやすい位置にエアコンや、先述の3走行モードを切り替えるスイッチなど、使用頻度の高いスイッチ類を集中配置させた、クラスターパネルも用意されている。

バリエーション
6速MT/パドルシフト付きCVTから選択可能
ハイブリッドシステムは1.5L i-VTEC+IMAを採用
エンジンは1.5L直列4気筒のi-VTECが採用された。4バルブ方式ながら、低回転時には吸気バルブの片側を停止させる1バルブ休止機構を採用。低燃費と排出ガスのクリーン化に貢献している。また、信号や渋滞などで停車した際にエンジンを自動的に停止させるオートアイドルシステムも装備された。ミッションは6速MTもしくは、パドルシフト付きCVTから選択が可能。10・15モード燃費はMTで22.5km/L、CVTは25.0km/Lを達成。

グレード展開は、ベーシックグレードのβ(ベータ)と、βにHIDヘッドライトやアンビエントライト、リアワイパー/親水ヒーテッドミラー/フロントドア撥水ガラスなどを追加装備した、α(アルファ)の2モデルが用意される。どちらのグレードでもミッションの選択は可能。

価格は、ミッションによる金額差はなく、βは226万8000万円、αは249万8000円となる。
POINT
1低・短・ワイドフォルムにより
躍動感を演出
ホンダ CR-Z リアスタイル|ニューモデル速報
2大径一眼メーターが特徴的
使用頻度の高いスイッチを集中配置
マツダ・アクセラ インパネ|ニューモデル速報
3低ボンネット化により実現された
やる気にさせる低いドラポジ
ホンダ CR-Z シート|ニューモデル速報
41バルブ休止機構を備える
1.5L i-VTEC+IMA
ホンダ CR-Z エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードβα
駆動方式FF
トランスミッション6MTCVT
全長×全幅×全高(mm)4080×1740×1395
ホイールベース(mm)2435
車両重量(kg)11301160
乗車定員(人)4
エンジン種類直4SOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]84(114)/6000+10(14)/150083(113)/6200+10(14)/1500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]145(14.8)/4800+78(8.0)/1000144(14.7)/4800+78(8.0)/1000
10・15モード燃費(km/L)22.525.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)226.8249.8
■発表日:平成22年2月25日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
【試乗】アウディ R8|異次元の走りをみせるR8。パワー・エンジン音・安定性すべてが最高峰(2019/03/26)
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027