新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド【スクープ!】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド【スクープ!】 / navi

(2010/03/04)

調査報告書 2010年3月
File No.027

日産エルグランド

※2010年3月4日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

日産 エルグランド|ニューモデル速報
日産 クエスト|ニューモデル速報日産 エルグランド 現行モデルリアビュー|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2010年10月
●全長x全幅x全高:4850×1800×1790(mm)
●搭載エンジン:2.5L 直4、3.5L V6
FFシャーシを採用し、低床化を実現

2002年のデビューから8年が過ぎようとしている、エルグランド。苦戦を強いられてきた日産のフラッグシップミニバンが、2010年10月についにフルモデルチェンジを果たす。

苦戦の理由は、同時期にデビューしたライバル、トヨタ アルファードの存在だ。FFシャーシを採用するライバルに、客を奪われてしまったのだ。さらにライバルはフルモデルチェンジを敢行。エルグランドはおいてけぼりとなっている。

そのような経緯もあり、次期エルグランドは日産の北米専売車、クエスト(写真右上)とコンポーネンツを共有。アルファード同様にFFシャーシとなり、低床化される。予想イラスト(写真左)をご覧いただきたい。アルファードというよりは、トヨタ エスティマやホンダ エリシオンのようなスタイリッシュ路線に生まれ変わるようだ。

ボディデザインは、サイドを走るウェーブしたウエストラインが特徴的。各ピラーがブラックアウトされて、グリーンハウスと一体デザインに変わっている。一方、リアを見ていくと、横一文字ランプやハッチゲート両脇に別置きされるターンシグナルとバックアップランプなどで、現行エルグランド(写真右下)らしさは継承され、ドッシリと構えた雰囲気となる模様。

現行モデルよりも長くなるフロントノーズには、引き続き豪快な3.5LのV6エンジンが搭載される。また、現行モデルに用意される2.5Lは、V6から経済的で手頃な直4に変更されるようだ。軽快なハンドリングと優れた燃費性能を身につけて現れるに違いない。日産の巻き返しなるか。ライバルとの対決が楽しみだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027