新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 5シリーズセダン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW 5シリーズセダン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/03/26)

8速ATやブレーキ・エネルギー回生システムなどで
BMW 初となる、エコカー減税モデルも

BMW 5シリーズセダン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のスペース・グレーを含む全6色
コンセプト
時代の要求に応えたミディアムラージセダン
従来モデル比約40%の燃費向上に成功
BMWの中核モデル、5シリーズ セダンが7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし6世代目となった。特徴は、軽量化やブレーキエネルギー回生システムなど、より少ないエネルギーでより高い性能を実現する、エフィシエント・ダイナミクス技術の設計思想を採用していること。

これにより優れた環境性能と卓越したパフォーマンスを両立させたという。これにより旧型540i セダンとニューBMW 535i セダンの10・15モードを比較すると、約40%の燃費向上を実現している。また、同社では初となるエコカー減税対象モデルも設定される予定だ。
内外装
洗練された美しさと躍動感を表現
質感の高さが追求された室内
エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、クーペのように流麗なルーフライン、ロングホイールベースなどで、BMWならではの洗練された美しさと躍動感あふれる外観を表現したという。直立したキドニーグリルが与えられたフロントマスクは前へ突き進もうとする推進力を象徴したものとのこと。もちろん、Cピラーには、同社のアイデンティティであるホフマイスター・キンク(リアウィンドウ後端を“く”の字型に処理するデザイン)も採用されている。

インテリアでは、BMWならではの約7度運転席側に向けて傾けられコクピットの配置が特徴的。非対称なフォルムのセンターコンソールは同社が長年打ち出してきたドライバーオリエンテッドの車作りを強く印象づけさせるものだ。また、室内の心地良さも研究されており、様々な人間工学的アイデアに基づいた多彩な収納スペースや、厳選された素材と匠の技で生み出された高品質な仕上がりが施された。質感の高さを表現したものだという。
バリエーション
2種の3.0L直6エンジンと4.4L V8を用意
528iはエコカー減税対象モデルに
エンジンは3タイプが用意され、エンジン毎に各々のグレードとなる。528iに搭載される3.0Lの直6DOHCはNA仕様。アルミニウム合金とマグネシウム合金を採用した軽量構造は燃費低減にも貢献する。また、あらゆる回転域で理想的なトルク・カーブを実現するダブル VANOSが装備された。このエンジンは「平成22年度燃費基準+15%」および「平成17年排ガス基準75%低減レベル」を達成。エコカー減税対象モデルに認定される予定。

535iに搭載される3.0Lエンジンは、528iのものとは排気量も違う(528iが2996cc、535iは2979cc)新開発エンジン。ツインスクロールターボと高精度直噴システムに、バルブトロニックを組み合わせたものとなる。最上級グレード、550iには、驚異的なトルクとパワーを発生する、4.4L V8直噴エンジン+ツインターボを採用。あらゆる回転域で心地よく滑らかなフィールと、優れた加速性能を発揮する。組み合わされるトランスミッションは全モデル8速ATとなる。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リヤはインテグラルVリヤ・アクスル。また、走行速度に応じて、前輪と後輪の切れ角を最適にコントロール。後輪を2.5 度までの角度で操舵し、あらゆる状況で安定した走りを実現するインテグレーテッド・アクティブ・ステアリングも採用されている。さらに、他モデルで既に採用されているダイナミック・ドライビング・コントロールにより、好みに応じたサスペンションとパワートレインの設定も可能となっている。

価格は528iが715万円、535iが835万円、550iが1040万円となる。
POINT
1洗練された美しさと
躍動感を表現した外装
BMW 5シリーズセダン リアスタイル|ニューモデル速報
2ドライバー側に傾けられた
センターコンソール
BMW 5シリーズセダン インパネ|ニューモデル速報
3心地良さが配慮された
高品質な仕上がりの室内
BMW 5シリーズセダン シート|ニューモデル速報
43種類のエンジンを用意
写真は新開発の3L直噴ターボ
BMW 5シリーズセダン エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード528i535i550i
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1860×1475
ホイールベース(mm)2970
車両重量(kg)-1820-
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHC直6DOHC+ターボV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)299629794394
最高出力[kW(ps)rpm]190(258)/6600225(306)/5800300(407)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]310(31.6)/2600-3000400(40.8)/1200-5000600(61.2)/1750-4500
10・15モード燃費(km/L)-10.6-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)715.0835.01040.0
■発表日:平成22年3月25日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027